バード・ウィーク/FC-アクション | ファミコン名作ソフトレビューブログ

バード・ウィーク/FC-アクション

ヒナ鳥を育てる親鳥の気分を味わえるほのぼの風名作アクションゲーム。
ほのぼの風って所がポイントで実際は結構ハード。

ひたすら外敵を遠ざつつエサを運ぶだけを全999面繰り返す、ある意味苦行的な内容。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: 東芝EMI
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1986年6月3日
  • 累計売上げ: 万本

ゲーム概要

コントローラー操作

十字ボタン: 親鳥(マミー)を上下左右への移動。
Aボタン : キノコを落とす
Bボタン :STUDY GAMEのスタート。
SELECTボタン : GAME STARTかSTUDY GAMEかを選択

バードウィーゲームストーリー

ここはきらめく光のもと、さわやかな風がそよぐ野鳥の王国。その自然の中で、木や花を相手に暮らす鳥がいました。

その鳥の名はマミー。マミーはやがて大きくなり、卵を生み、その卵がかえった時、はじめて自分が巣を作った場所が危険な所であることに気づいたのでした。
さあ大変!マミーはびっくりしてしまいました。

でもヒナ鳥たちはおなかがすくと大きな口をあけてさわぎます。「えいっ」マミーは巣から飛び出しました。そこにはマミーをやっつけようとする動物たちがまちうけています。マミーは逃まわりながらヒナ達にエサを食べさせているうちに、キノコがはえているのを見つけました。「そうだ、あのキノコでやっつけてやろう!」。マミーはキノコをぶつけて動物たちを気絶させることをおぼえました。

それからというものマミーは、花たちが咲きほこっている春の日も、紅葉できれいな秋の日も、ヒナ達のエサを求めて巣から飛び出してゆくのでした。

ゲームレビュー

バード・ウィークというタイトルは、当時うっすらと人気だったバードウォッチングから来ているのだと思いますが、そんなのんびりした癒し系のゲームではありません。

ヒナ鳥のエサやりをジャマする敵キャラには、大きい鳥、ネズミ、ムササビなどの野生動物がいます。

これらは、地面に生えているキノコをぶつける事で撃退が可能なのですが、倒せるわけではなく気絶されるだけです。

しかしAボタンでキノコを落とすのが唯一の攻撃方法なのです。

ヒナ鳥はしばらく何も食べないと弱って死んでしまう…
敵キャラは死なないのに、自分のヒナは餓死してしまう理不尽さに野生の厳しさを感じます。

面が進むごとに、ヒナ鳥数も増えて難易度はドンドン上がります。
ヒナ鳥を餓死させたくないから絶え間なく働き続ける、心休まるようで全然休まらないゲームなのでした。

posted with カエレバ

バードウィークの動画

コメント欄であなたも評価できます。

このソフトの評価

10点満点
5

操作性

5.0/10

BGM

5.0/10

ハマリ度

6.0/10

熱中度

4.0/10

バランス

5.0/10

良い点

  • のどかな癒し系ゲーム

イマイチ

  • 単調すぎて飽きる

アクション

Posted by blue-knight