ボンバーマン/FCアクション

ボンバーマンはハドソンの人気シリーズロードランナーの敵だったロボットが地上へ脱出するという設定です。

逃げるだけで穴を掘る以外に攻撃できないロードランナーに対して爆弾を使って敵をぶっ飛ばすという何とも豪快な攻撃方法が痛快感がありました。

☆ボンバーマンのゲームストーリー

キミはあのロードランナーのランナーくんの過去を知っているかい? 
じつはランナーくんも、むかしはロボットだったのだ。
まだロボットだったランナーくんは、ボンバーマンとよばれ、爆弾を作る仕事をしていた。もちろんほかのロボットたちと同じように、悪の手先として地下迷宮のなかで働かされていたのだ。
そんな毎日がいやでいやでたまらなかったボンバーマンは、ある日こんなうわさを耳にした。“地下迷宮を抜けだして地上に出れば、人間になれるらしい。” ボンバーマンはすぐに決心した。
なんとか地上に出て、人間になろう。
でも、そう簡単に地上に出られるわけがないのだ。裏切り者のボンバーマンをつかまえるために、たくさんの敵が追いかけてくる。ボンバーマンの武器は、自分で作った爆弾だけ。はたして地上に出ることができるのだろうか。そして、本当に人間になることができるのだろうか……。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ハドソン
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1985年12月19日

ボンバーマンのサントラ・BGM


☆ボンバーマンの裏技

◎ボンバーマンが変?
パスワードでBOBAMNHIMNCPPCIHAAHAと入力するとステージ3からスタートできる。
アイテムの火のパネルに爆風を当てるとボンバーマンの動きとBGMがおかしくなる。

主役のキャラクター、ボンバーマンはロードランナーから流用、敵キャラのデザインも今見ると結構いい加減と言うかテキトー感がありますが、それらがすべてうまくいったのがボンバーマンだったと思います。

時代なのかテクノっぽいBGMが良い味を出しています。

ファミコンのショボイ音源ながらあの爆弾の爆発する音を聞きたいために何度カセットをセットし電源を入れたことか。。。

また隠しパスワードや隠れキャラが多かったのもマニア心をくすぐりました。
続編も多く発売していますが、やっぱりこのファミコン版の第一弾がシンプルで一番好きです。

posted with カエレバ

☆ボンバーマンの動画

隠れキャラの出し方

全面クリア

スポンサーリンク

アクションハドソン

Posted by blue-knight