デッドゾーン/FC-アドベンチャー

デッドゾーンはスペースコロニー(人工宇宙島)を舞台にした、ファミコンのディスクシステム対応のSFアドベンチャー。

ディスクシステムならではのキャラが喋るというのがウリでしたがなかなかどうしてストーリーも秀逸でした。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: サン電子
  • ジャンル: アドベンチャー
  • 発売日:1986年11月20日

デッドゾーンのゲームストーリー

「おめでとう、マリー」
「おめでとう、カーク」
カークとマリーは2人だけでパーティーを楽しんでいた。マリーは今度始まる新型コロニーの建設のチーフ技術者として選ばれたのである。
今度の設計はプロジェクト名を“ライオネックス”と呼ばれていた。
時は宇宙暦0385年、遠い未来のお話である。
すでに地球は、膨大な人口を支えることができなくなっており、宇宙にスペースコロニー(居住区)を建設し始めた。それ以来385年の間に523号のコロニーが建設されており、地球人のほとんどが宇宙で生活している。今では、地球旅行が人々の夢となってしまっている。
 現在では太陽系開発はすでに終わっており、ここ数年来シリウス太陽系の開発が始まっていた。今まで試験的あるいは非常時のみ許可されていたワープ航法が、一般的に使用することが認められ、多少遠い地域でも自由に往来することができるようになったからである。
このストーリーの主人公であるカークは、このシリウス太陽系コロニー第3号のチーフ技術者をやっており、数日前に任務を終えたばかりであった。
カークとマリーは婚約しており、結婚式が目前に迫っていたが、今回のマリーの仕事で延期せざるをえなくなってしまった。「しかし結婚式が延びたのには、まいったなあ」
「なにいってるの。今度の仕事を最後にしようと思っているのに」
「まあ仕方のないことだ。ところでお祝にロボットをプレゼントしよう。手製だぜ。向こうへ行っている間にかわいがってくれよな。」
「かわいい~。名前は?」
「まだ付けてない。ん~、キャリーとでも付けようか?」
「何か意味あるの?」「思いつきさ」
それから5ヶ月、マリーの仕事は順調に進んでいるようだった。カークの方は、スペースポートの設計の仕事をやっていた。シリウス第3惑星は、人間が住むに最適とされ移住計画が浮上してきたためである。
そんな時カークのところにマリーから通信が入ってきた。ライオネックスが順調な為1ヶ月スケジュールが縮まりそうだというのである。
そして、パーティーの準備をしているので遊びに来て欲しいというものであった。
 3日後カークはライオネックスに到着した。
工事が終了したためか、ひっそりしている
工事関係者もいない。「驚かすつもりだな。それにしても静かだなあ。」とカークが思ったその時である。あたりが光でいっぱいになった。レーザーショックガンの光である。カークは気を失ってしまった。
どのくらい時間が経ったのだろうか?あたりを見回してみると薄暗い地下室である。
いや地下室ではない。どうやら廃棄所のようである。
壊れたロボットが散乱していた。
「いったい何が起こったんだ!何故俺はここにいるんだ!」カークは叫んだが、むなしく廃棄所にこだまするだけだった。

デットジーンの裏技

◎マリーの部屋へワープ
B1で脱出出来ないときにイドウを選びAボタンを押す。
シタを選十字簿談の右とBボタンを同時押し、もう一度右を押し、カーソルが何も表示されていない所で左を押す。
トナリノヘヤで1階のマリーの部屋へワープが出来る。

ゲームレビュー

ポートピア連続殺人事件みたいにBGMがなくてただワープロを打つような効果音が中心なのは仕方ないとして「キャリーどぇーす」などとファミコンのキャラが自ら喋るなんてスゴイインパクトでしたねぇ。

確か内容は地下から始まって徐々に上に登っていく単純なものですたが、謎解きの難易度が攻略本なしてクリア出来ないほど難しくなく調度いい感じで良かったですね。

しかしこのデッド ゾーンってすごいいいソフトだと思うのですが今まで一回もPSやDS等でも再発した事はないようです。
何とももったいないですね。

posted with カエレバ

デッド ゾーンの動画

スポンサーリンク