プロ野球ファミリースタジアム/FC-スポーツ

プロ野球ファミリースタジアムはナムコのファミリー~シリーズが生まれるきっかけになったスポーツゲームの名作ですね。

ファミスタの愛称で野球ゲームの定番になりました。

おみあい、ばあす、くろまて等の数多くの名選手を生み出しました。
それまでの野球ゲームの常識を覆す、選手の個性化、試合後に新聞になるなどユニークな遊び心が満載でした。

プロ野球ファミリースタジアムのゲームストーリー

ジャパン・リーグ開幕!! (プロ野球の新しい歴史がはじまった!)
 全国6000万のプロ野球ファンのみなさん、こんにちは! いよいよ新設「ピッカリ球場」において、ペナントレースの幕が切って落とされようとしております。新しく編成され、日本中の注目を集めている「ジャパンリーグ」、その記念すべき開幕戦なのです! 新登場の「ナムコスターズ」や、より強力なチームになった連合チームなど、多くの活躍が期待されています。
 さあ、マウンド上の“ぴぴ”、振りかぶって第1球、投げました!

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ナムコ
  • ジャンル: スポーツ
  • 発売日: 1986年12月10日

十字キー: 選手の移動、塁指定、球種の指定
Aボタン: バッティング、ピッチング、送球、帰塁
Bボタン: 走塁、タッチプレー、けんせい球のモード切替
スタートボタン: タイムの宣告

ゲームレビュー

日本人にとって一番なじみのあるスポーツである野球は現在まで多くのタイトルが発売されていますが、ファミスタ以前は任天堂のベースボールソフト以外これといったものはありませんでした。

あれはあれで面白かったわけですが、選手の能力がみんな一緒なので個性がなかったのが残念でした。

そこに登場したのがこのファミスタ!
実際のプロ野球選手のデータに基づき打率、長打率、足の速さが振り分けられ(まあこれだけなんだけど)個性あふれるチームが完成したことによりひいきのチームへの思い入れがより一層強くなったのでした。

投手は先発タイプと押さえタイプがいて、先発だと連投不可、押さえだとスタミナが極端に少ない等の特徴もありました。

しかもパスワードを入力すれば対戦の再開も出来たのは当時斬新でした。

チーム数は容量の都合で鉄道連合チームのレールウェイズ、食品連合チームのフーズフーズがありました。

オマケでゲームキャラの名前を選手名にしたナムコスターズなんてチームもありましたが、戦力的には他チームより劣るもののぴのの足が速過ぎ!何度ランニングホームランを決めた事が。

それにしても3つのチームを合併したレイルウェイズが強すぎ!
でも現在のパリーグのオリックスと近鉄の合併を予測していたようでちょっと怖い。

posted with カエレバ

ファミスタの動画

ぴのランニングホームラン。


PAGE TOP