NEWファミコンと初期型ファミコン本体

ファミコンを懐かしく思って押入れから引っ張りだしてきても肝心のファミコン本体が故障して使えなかったり、すでに中古ショップに売ったりして無くなってたりする事が多いようです。

せっかく発見してもファミコンの初期型タイプ(白と赤の例のアレです)はテレビの背面にケーブルを巻きつけるRFスイッチ接続だったので現在のAV端子接続のテレビではそのままでは使えません。

そこで1993年に登場したのがAV端子対応のNEWファミコンでした。

ステレオのAVケーブル接続というのがウリでデザインとカラーは初期型と比べグレーっぽい色で大人向けファミコンと言ったイメージでしょうか。

2コンにマイクが付いていないという弱点があるのでゼルダの伝説のポルスボイスを倒す時は結構苦労したりします(笑)

ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)

管理人はこのNEWファミコンを近所のディスカウント店で新品の処分セールでラッキーにも三千円ほどで入手していまだに愛用しています。

このNEWファミコンは出来がかなり良いらしく生産中止になった現在でも安定した人気を保っています。

posted with カエレバ

NEWファミコン発売時のテレビCM

AV改造ファミコン本体

しかしそんな人気のNEWファミコンも任天堂ではとっくに生産中止になってしまい、現在では定価よりも高いプレミア価格て取引されています。

そんな中、ラジオストック等のレトロゲーム専門店では、テレビの前面のAV端子対応に出力端子を改造された初期型のファミコン本体が発売されています。

やっぱりファミコン本体はこの赤と白カラーじゃなくちゃ!と言う人には一番これが良い気がします。

何しろ本体自体が本物ですから他社製の互換機のように互換性を気にする必要もありません。

ただし音声はモノラルなんですね。

レトロなデザインの初期型か音質のよいNEWファミコンかで好みが分かれそうです。

posted with カエレバ


PAGE TOP