迷宮組曲ミロンの大冒険/FC-アクションパズル

ハドソン黄金期のパズル要素のある名作アクションパズルゲーム。
迷宮と組曲(アンサンブル)の組み合わせが絶妙。

武器は、それまでのゲームでなかった『泡』とやさしさがあり、ハドソンらしく安心して遊べる内容。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ハドソン
  • ジャンル: アクションパズル
  • 発売日: 1986年11月13日
  • 累計売上げ: 万本

迷宮組曲ゲームストーリー

ミロンの住んでいる“エプシロン星”の住人はお互いに触れるだけで相手の気持を理解することができた。
そのため、文字や言葉は発達しなかった。
離れた人に自分の気持を伝えるためには、音楽が使われたのだ。人々は、楽器を使って自由に会話を交わすことができた。

しかしこの物語の主人公ミロンには、その能力がなかったのだ。“どうしてぼくだけ人の気持がわからないんだろう? どうしてぼくだけ楽器をうまく使えないんだろう? もしかしたらぼくはこの星の人間ではないのかもしれない。
もしかしたら、ぼくみたいな人間がまだこの星にいるかもしれない・・・・・・。”そう思ったミロンは、仲間をさがす旅にでることにした。

 ちょうどその頃ミロンの住むイシュタル村に、ある危険がせまっていた。
村の長老はその危険をまわりの7つの谷に伝えるために、伝令を送った。が、だれ一人としてこたえる者がなかったのだ。

 ミロンは旅の始めにこの謎を解くため、7つの谷を治める王女エルシラに会うことにした。というのは、エルシラの住むロクタスの街にいちばん最初に伝令が届いているはずだからだ。
しかし、ロクタスの街についたミロンが見たものは、楽器を魔人に奪われてこまっている街の人々の姿であった。
というのも、北の果てにすむ魔人が、エルシラの住むガーランド城を占領してしまったからなのだ。
魔人は、エルシラを城の奥深くにとじこめ、村中の楽器を隠してしまったのだ。魔人退治をかってでたミロンにロクタスの司祭は言った。

“城にはこんなときのために、王女様が様々な道具を隠されました。
このシャボンがあなたに魔法の道具の隠し場所や道具を売る店の場所を教えてくれるはずです。
城のなかには魔人や魔人の手下のほかに、村の若者や王女がおります。どうか、たすけ出してください”

 ミロンはガーランド城のなかに隠された謎を解き、奪われた楽器をとりもどして、閉じ込められている王女をたすけだすことができるだろうか・・・・・・。

ゲームストリー自体は、魔人マハリトを倒し王女を救い出すというありがちなものですが、ライフ制なのが当時としては珍しかったと思います。

武器は前代未聞の『泡』
泡ですよ、泡!
光線銃でもなく剣でもなく、こんなもんが武器になるなんて発想が素晴らしいですね。

しかもこの泡はちょっとクセがあって正面ではなく斜め上に出るので慣れるまでが結構大変でした。

当時のゲームらしくやっぱりゲームの難易度は高めでセーブ機能もないので当時クリア出来た人は少なかったようです。

下にある最後までクリアする動画を見ましたが、まあ長い長い!

スーパーマリオなら慣れればものの数分でクリア出来るのにこの迷宮組曲は、うまい人がプレイしても50分くらい掛かってしまうのです。

ステージクリアごとに楽器が手に入り、最終的には7楽器が重なるアンサンブルとなるのです。

エンディングのBGMは、当時のゲーム最高レベルの音楽でしょう。

少人数で製作

なんと当時このゲームをBGMを含めて5人程度のスタッフで製作したそうです。
今だったら絶対ありえないですね。

人数が少なくて製作出来れば予算が少なくても参戦出来るし、それだけ利幅も大きい訳で本当に当時のゲーム業界って夢があったんでしょうね。

しかし面白いんだよ、面白ろいんだけど、もうちょっと難易度下がられなかったのだろうか?

説明書の最後にはこんな文章がありました。

★おしらせ★
画面上に表示されるキャラクターの数が増えると、画面がちらついたり、動きが一瞬遅くなったりすることがありますが、異常ではありません。

これが通用した古き良き時代よ・・・

posted with カエレバ

操作性★★★
慣れるまでに時間がかかる。
BGM★★★★★
音楽がテーマなだけに気合が入っている。
オリジナリティ★★★★
武器の斬新さと音楽+迷宮のアイディアの勝利。

迷宮組曲ミロンの大冒険の動画

迷宮組曲攻略

迷宮組曲BGM集


PAGE TOP