メトロイド/FCD-アクション | ファミコン名作ソフトレビューブログ

メトロイド/FCD-アクション

それまで子供向けと言ったイメージだったファミコンにメトロイドは、エイリアンの世界をモチーフとしたようなSF的でグロテスクな敵キャラを登場させました。

SFアクションの名作であり、メトロイドシリーズの元祖は、ディスクシステムでの発売でFM音源をいかした重厚でスリリングなBGMも印象的。

そしてあのエンディングにはびっくりでしたね。

  • ハード: ファミリーコンピューターディスクシステム
  • メーカー: 任天堂
  • ジャンル: 横スクロールアクション
  • 発売日: 1986年 8月 6日

メトロイドのサントラBGM

ゲーム概要

『メトロイドシリーズ』の1作目。

主人公サムスを操作してアイテムでパワーアップしながら要塞の最奥部にいる「マザーブレイン」を倒し、惑星ゼーベスから脱出することでゲームクリアとなります。

メトロイドのゲームストーリー

コスモ歴2000年代、銀河系では、多くの惑星から代表者からなる、議会をもとに「銀河連邦」を設立し、繁栄の時代を迎えていた。文明や文化の交流が盛んに行われ、多くの星間連絡船も行き来していたが、一方でその船を襲う宇宙海賊も現われた。
~中略~
コスモ歴20×5年、重大な事件が起きた。外宇宙調査船が宇宙海賊に襲われ、「惑星SR388」で発見された未知の生命体のカプセルを奪われてしまったのである。生命体は一種の浮遊生命体で、β線を24時間照射すれば活動を開始し増殖する。しかもSR388星の文明は、何者かによって破壊された疑いがあり、発見された生命体に原因がある可能性が強かった。不用意に増殖させると非常に危険なのだ。この生命体を「メトロイド」と名付け地球へ持ち帰ろうとしたところを、宇宙海賊に奪われてしまったのだ!
~中略~
連邦警察は最後の手段として宇宙戦士をゼーベスの内部に侵入させ、要塞の中心であるマザーブレインを破壊する作戦を決定。選ばれた宇宙戦士が「サムス・アラン」である。彼は最も優秀な宇宙戦士であり、絶対不可能といわれた数多くの事件を解決してきた。全身にサイボーグ強化手術をうけ超能力も身につけた人物で、敵のパワーを吸収する彼のスペース・スーツは海賊たちにも恐れられていた。しかし彼の真の正体はまったく謎に包まれていた。
惑星ゼーベスは自然の要塞で、外側は特殊な岩におおわれ、内部が複雑な迷路になっている。しかも、海賊の手によって様々な仕掛けや”わな”がはりめぐらされており、いたるところに不気味な海賊の手下が待ちうけている。サムスはゼーベスの侵入に成功。残された時間は少ない。サムスはメトロイドを倒し、銀河文明を救えるだろうか?

コントローラー操作

十字キー…移動 
上…銃口を上に向ける。
下…丸まる。
セレクトボタン…ビーム、ミサイルの選択
Aボタン…ジャンプ
Bボタン…ビーム、爆弾セット

メトロイドの裏技

コントローラⅡを使わなくてもゲームを止められる

コントローラーⅠの上とAボタンを押しながらスタートする

ゲームレビュー

それまでのファミコンになかったエイリアンのような不気味なキャラクターがカルトなファンに支持されたアクションゲーム名作ですね。

任天堂の横スクロールのアクションゲームなので気持ちの悪いスーパーマリオと言えなくもない。

ゲーム自体も素晴らしいのですが、BGMのカッコよさがファミコン史上トップ3に入る出来だと思います。

エンディングが5パターンあるのも当時としては新鮮でした。

posted with カエレバ

メトロイド ファミコン版の動画

全面攻略

BGM集

アクション任天堂

Posted by blue-knight