オセロ(Othello)/FC-パズル

タイトルそのまんまの白と黒のボードゲームのオセロです。
カセットとディスクシステムの書き換え用でも発売された地味~で硬派なテーブルゲーム。
最近ではリバーシなんて呼び方もされてますが、やっぱりオセロでしょ!

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: カワダ
  • ジャンル: パズル
  • 発売日: 1986/10/13
  • 累計売上げ: 万本
  • 品番:KWD-OTH
  • 定価:2,980円

Aボタン…決定
Bボタン…キャンセル(待った・やり直し)

ゲームレビュー

今ではコンピュータゲームの定番となったオセロですが、ファミコン版オセロの発売当時はかなり珍しかったのです。

あのボードゲームのオセロが相手がいなくても出来るってのは斬新に感じました。

この手のゲームってハマったらキリがないんですよね。
終わりがないから。

難易度のレベルは1~4まで設定できて持ち時間も設定出来ます。

私は小学生から中学生の頃まで家族や友人とオセロをした経験から自分はオセロが強い!と思い込んでいました。

しかし、このファミコンのオセロと対戦してみてそれは大きなカン違いで自分が井の中の蛙だと思い知らされましたのがこのゲームでした。

悔しくてコンピューターに何度も対戦を申し込みました。
でも散々やりこんでもレベル2に勝つのがやっとでした。

現在ではスマホのフリーゲームで手軽に遊べるようになり、つくづく良い時代になったもんだと思うのでした。

posted with カエレバ

オセロファミコン版の動画


PAGE TOP