パックマン/FC-パズル・アクション

黄色い丸いやつが口を開けてドットを食べながら4匹のモンスターから逃げながらクリアしていくあのお馴染みのゲーム。

なんでこんなに単純なゲームなのにハマってしまうのでしょうか。
ゲーセンでさんざんやり尽くしたこのパックマンやりたさにファミコンを買ってしまった人も多いハズ!

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ナムコ
  • ジャンル: パズルアクション
  • 発売日: :1984年11月 2日
  • 定価: カセット版4,500円 ディスク書き換え専用500円

ゲーム概要

ピザをモチーフにしたと言われる黄色くて丸いキャラクター、パックマンを移動させながら迷路の中にいる4匹のモンスターから逃げ切って配置された244個のドットを食べきったら面クリアとなります。

パックマンは普段はモンスターから逃げる事しかできませんが、パワーエサを食べると一定時間モンスターに攻撃可能になります。

コントローラー操作

十字キー : パックマンの移動

BGM

初期のゲームなのでほとんどオープニングのみですが、当時流行のテクノミュージックを思わせます。

ラウンド2,5,9,13,17をクリアすると待っているコーヒーブレイクのBGMが単調なゲームのアクセントになっています。

収録CD

ゲームレビュー

パックマンは実はかなり苦手なゲームです。

アーケード版の頃から結構な額を投資したと思うのですが、ほとんどうまくならずいまだにPSのナムコミュージアムのパックマンで1面クリアできない事もあります_| ̄|○

当時の一連のナムコゲームと同じくボーナスでフルーツが出たりしますが、そんなもの気にしている余裕は全くなしでした。

実は90年にディスクシステムでも発売(書き換え)されてたって知ってました!?

posted with カエレバ

パックマンの動画

パズルナムコ

Posted by blue-knight