SDガンダムワールド・ガチャポン戦士スクランブルウォーズ/FDS-シミュレーション

ガンダムを低頭身にしたSDガンダムシリーズ初のゲームソフトであるのがガチャポン戦士スクランブルウォーズ
戦闘アクションメインかと思いきや実はかなり本格的なシミュレーションゲーム.

  • ハード: ファミリーコンピューターディスクシステム
  • メーカー: バンダイ
  • ジャンル: シミュレーション
  • 発売日: 1987/11/20
  • 定価:3,300円
  • 累計売上げ: 万本

ゲーム概要

ターン制でユニットによって生産時間や移動距離が異なります。

ユニットを生産するのに必要な金は、都市や基地を占領するともらえます。

戦闘シーンになると画面が切り替わり、敵とのバトルのときにユニット同士のアクションバトルがスタートします。

しかもユニットよっては、変形をしての攻撃も可能。
これがあるからただのシミュレーションゲームとは違うのだよ。

ゲームレビュー

このゲームを一言で言うとガンダムのモビルスーツ等のユニットをコマにした将棋のようなボードゲームです。

さらに戦闘シーンになるとアクションの要素もあり2倍楽しめます。
ユニットによってかなりの性能の差があり、まさしくザコのザクから反則的な強さのサイコガンダムまであります。

それにしてもサイコガンダム強すぎだろ。

そして以外にコストパフォーマンスが高いのがゲルググです。
ナギナタ振り回してたら強敵相手でも何とかなっちゃう事も。

将棋よりも圧倒的に面白いと思っていたので当時は将棋をやっている父親世代をバカにしてました。

まあ将棋は将棋で良さがあるんですが。
今ではスマホの将棋アプリやってるし・・・

このソフトはかなり好評だったらしく、次々と続編が発売されました。

当時の少年の夢を実現したソフト

やっぱりガンダムを操縦したいって夢は、当時の少年たちにあったと思います。
ガンプラとか作ってもその思いは満たせない訳です。

そこに出現したのがこのソフトだったのです。
デフォルメされているとは言え、ガンダムを思い通りに操縦出来る、シャア専用機も操縦できるのだから、当時の興奮はかなりのものでした。

処理速度の遅さ

このゲームを語る上で必ずと言って良いほど話題になるのがゲームの処理速度の遅さです。

各ターン3機までしか移動出来ないのですが、それでも恐ろしくコンピューターの行動が遅いのです。

カンガエテマース!というセリフにも妙にイラついたりして。

おそらく現代だったら待てないレベルの遅さです。
でも当時はCOMも本気で考えてんだななんて気長に待っていたものでした。

操作性★★
ロード時間の長さがネック。
BGM★★★★
コミカルかつ高揚感がある。 戦闘シーンの効果音が爽快!
ハマリ度★★★★★
やり出すと止まらない中毒性。

SDガンダムワールド・ガチャポン戦士+スクランブルウォーズの動画