スーパースターフォース時空暦の秘密/FC-シューティング

あの大人気シューティングゲームの続編?と思いきや前作のハドソンではなくテクモから発売された。

単純なシューティングだった前作とは違い、アクションRPGの要素もあるかなり奥が深くハマると抜けられないマニアックさがある。

スーパースターフォース

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: テクモ
  • ジャンル: シューティング
  • 発売日: 1986年11月11日
  • 累計売上げ: 万本

ゲーム概要

年代毎に別れた8つのステージをワープしながら相互に行きして時空暦と暗黒星ゴーデスの謎の解き、最終ステージへの扉を開くとゲームクリアとなります。

ゲームストーリー

時空暦2010年、暗黒星ゴーデスとの闘いは終わった。しかし、謎は残された。敵星ゴーデスとは何だったのか? あの闘いはいったい……
 だが、さらに根本的な謎があった。時空暦……そう、時間と空間が入り乱れたこの時空宇宙は、どのようにして形成されたのか。すべての秘密は時空暦元年に集約されている。はたして、時空暦0001年に何があったのか?
 時空暦の秘密を解き明かすため、戦士は耐時空間移動用の設計が施されたネオ・ファイナルスターで、今再び闘いの旅に立つ。
 ―――時空暦元年(DA0001)を目指して!

ゲームレビュー

そもそもスターフォースって元々テクモのソフトだったんですよね。
ハドソンから発売した前作のセールスが良かったからテクモが自ら発売したってところでしょうか。

私はスターフォースにドハマりしたのでこのスーパースターフォースも購入しました。

しかし、メーカーも違うせいがだいぶプレイした感触も違いました。

グラフィックは当時としては頑張っているとは思うのですが、テクモっぽい野暮ったさもあります。

ゲーム内容は、何も考えず弾を撃つだけだった前作と違って謎解きの要素があります。

さらにパイロットが自機から降りて惑星でゼルダの伝説のようなアクションと洞窟で買物などをする場面もあります。
っていうかパクリなんじゃ。

アクションの難易度はそれほど高くないけど、何しろやる事が膨大なので大変です。

しかも当時のゲームらしくセーブ機能やパスワードは一切なし!

その為、クリアにかかる手間と時間は膨大となり、簡単にはクリアが不可能になりました。

スケールの大きさという面ではファミコン史上、1、2を競うソフトではあります。

その魅力にハマってしまうとなかなか抜けられません。
私のスーパースターフォースをプレイして気に入った友人が影響されて新品で購入したほどでした。

残りタイムをお金に換算したり、独自のワープシステムなど魅力が満載でいまだに忘れられないファンが多い名作シューティングです。

posted with カエレバ

スーパースターフォースの動画

シューティングテクモ

Posted by blue-knight