かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次-FCアクション

サン電子が発表した横スクロールの時代劇調のコミカルなアクションゲーム。
花火職人のカン太郎がかんしゃく玉をひたすら投げまくり京都から恋人のももこちゃんが待つ江戸に帰れればクリア。

ゲームストーリー

花のお江戸の花火職人“カン太郎”は京の都で修行し新しい花火の製造方法を身につけた。

その秘密を記した巻物を執拗に付け狙う“井の国屋・剛左衛門”は、その巻物を利用して鉄砲の製造に利用しようとしている。

道中に待ちうけるは、剛左衛門に雇われた、ニンジャや浪人たち・・・カン太郎は、剛左衛門の魔の手をかいくぐり、恋人の待つ隅田川にたどり着けるのだろうか!?

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: サン電子
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1986年 7月 3日

東海道五十三次のグッズ

東海道五十三次ってタイトルで花火を投げまくるっていう豪快なイメージ以外、これと言って印象がありません。
正確なタイトルはかんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次って言うんですね。

いや花火を投げまわって東海道五十三次を横断するって、それだけでもものスゴイ設定だなと思いますね。

だいたいどこにそんな大量の花火を隠し持っているんだとか、大量のかんしゃく球を持ってどうやって言い訳して関所を通過したのかとか気になる部分は多々あるのですが、いかにも荒唐無稽でファミコンっぽい設定だなと思います。

スルスルっと近づいてくる忍者の動きがいい味だしてますね。
同じ時代劇設定のいっきよりは楽しめるんじゃないかと思います。

posted with カエレバ

東海道五十三次の動画


PAGE TOP