ザナック/FCD-シューティング

ディスクシステムで発売された硬派なシューティングゲーム。
高速スクロールや自動難易度調整難機能など斬新なシステムも話題になりました。

  • ハード: ファミリーコンピューターディスクシステム
  • メーカー: ポニーキャニオン
  • ジャンル: シューティング
  • 発売日: 1986年11月28日

ザナックの概要

A.L.C.システム

このザナックの最大の特徴が、このA.L.C.(Auto Level Control/自動難易度調整)システムです。

プレイヤーの実力に応じて難易度が変化するのです。
これによって敵キャラの種類、攻撃パターンが変わってきます。

AIの走りみたいな感じですね。
ただゲームになれてうまくなるとそれ以上に敵が強くなるってちょっと理不尽な気もしました。

BGM

ゲームの世界観とマッチしたテクノ系のスピード感のあるBGMです。
あまり子供向けといった印象がしない硬派で無機質なイメージですね。

BGM集

ゲームレビュー

ザナックは難しい!とにかく難易度が高い!
シューティングゲームにはそこそこ自信がありましたがこのゲームは結局最後までクリア出来ませんでした。

それでも非常に印象深いのがそのゲーム内容と同じく無機質で硬派なBGMや当時としては美しいグラフィック、そして何よりもそのゲーム性でした。

普通のシューティングゲームってアイテムを取ったりするとどんどん強くなって結構楽に進めたりするのですが、ザナックは自機がパワーアップすると敵もパワーアップするというちょっと理不尽なシステムなので非常にスリリングな展開になるのです。

このザナックはディスクシステムで発売されたのですがいまだに手元にあります。
ですがディスクシステムをいちいち取り出すのも面倒だしフロッピーディスクの保存状態ってのもいつまで持つか気がかりでした。

そしてファミコン版から10数年後ザナックのリメイク版がPSで発売されました。

お、これは買わなくては!と思いましたが、今すぐではなくていいなかと思っているうちに販売停止になって今こんなにプレミア付いちゃってるよ_| ̄|○

何であの時買っておかなかったんだ!って後悔する事しかり。

スペースインベーダーから始まったシューティングゲームの究極の形がこのザナックなのだと思います。

posted with カエレバ

ザナックの動画

ノーミスクリア

スポンサーリンク