アテナ/FC-アクション

スポンサーリンク

アテナという名前の女の子が主人公のアクションゲーム。

中世ヨーロッパをイメージさせる設定が当時としては新しかったかも知れません。
でもなぜかコスチュームは水着だったりします。

このソフトこそ元祖、萌えゲー?ギャルゲー?

アテナ

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: SNK
  • ジャンル: 横スクロールアクション
  • 発売日: 1987年 6月 5日
  • 品番:SFX-AT
  • 定価:5,500円

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

ライフ制でゲージか制限時間がゼロになったらゲームオーバー。

全部8つのステージを地上から空中、水中まで移動してラスボスである帝王ダンテを倒すのが最終目的となります。

コントローラー操作

十字キー移動
Aボタン・・・ジャンプ 長押し ハイジャンプ
Bボタン ・・・攻撃

アテナゲームストーリー

ビクトリー国の王女、私がアテナ………。こっそり、たいくつなお城の生活からぬけ出して、帝王ダンテの君臨する幻想界へ旅立ったの。

ところが、さぁ大変! 帝王ダンテの手下達が、次々に現われてアテナの行く手をはばんじゃうんだから。でも、だいじょうぶ上手く武器やアイテムを手に入れれば得意の武術であいつらなんていちころよ!!

なんてったって、私はアテナ!! 手に汗にぎる幻想界の不思議な旅を最後までバッチリ楽しんでちょうだいネ………!!

装備

アテナは水着からヨロイまで装備が可能。
また、敵を倒したり、ブロックを破壊するとアイテムを所得し、パワーアップできる。

ノーマル ペガサスの翼 貝のネックレス
水着
ノーマルアテナ
空を飛ぶ
空を飛ぶアテナ
人魚
人魚アテナ

ステージ構成

ステージ1 森の世界

木々が生い茂る大森林。
ボス:ハマドリュアス

ステージ2 洞窟の世界

海へとつながる鍾乳洞。
ボス:ゴーレム

ステージ3 海の世界

地上から海底へと進む。海中では動きが鈍くなる。
ボス:ネプチェーン

ステージ4 空の世界

山岳を舞台に空中を進んでいく。
ボス:キマイラ

ステージ5 氷の世界

氷に包まれた世界。
ボス:グリュプス

ステージ6 地獄の世界

死後の世界に見えるが、実際はダンテが作り出した世界。
ボス:マドー

ステージ7 迷宮の世界

ティターンが捕らわれている。ボスは存在しない。
攻撃すると魔王の竪琴をドロップする。

ステージ8 最後の世界

最終ステージ。
今まで倒してきたボスが再登場するボスラッシュの先に帝王ダンテが待ち受けている。
ラスボス:帝王ダンテ

BGM

収録サントラCD

付録だったカセットテープ(懐かしい!)が残っている事は今となっては、かなりレア!

ちなみに歌っている清水香織さんは、元プロ野球選手の ハマの大魔神こと佐々木主浩さんの元奥さんです。

付録 サイコ・ソルジャー ミュージックカセット

SIDE A サイコ・ソルジャー
SIDE B 傷だらけの BLUE MOON

作詞・作曲 (株)SNK  歌 清水香織

プレミアが付いた理由

アテナは中古市場で比較的高い価格で取引されています。
主な理由を考察してみました。

  • 高いのは箱・説明書・カセットテープ付きでカセットのみは普通に入手可能
  • ファミコン版が発売されて以降に他のハードに移植されていないし、ダウンロード販売もされていない
  • アテナのキャラクターの人気によるもの(アテナはいまだにSNKのKOFシリーズなどのゲームのキャラクターに麻宮アテナとして登場している)

スポンサーリンク

アテナの裏技

無敵

1面のラスト手間の毒のつぼを使って毒状態のままハマドリュアスを倒す。
ライフが0になる直前のほぼ同時にステージクリアするとライフゼロのまま無敵状態に。

ただし、ライフを取ると無効になるのて注意!

ゲームレビュー

アテナは、横スクロールでサクサク進むアーケード版が好きでそこそこプレイしていたのですがファミコン版をやってみてだいぶがっかりした記憶があります。

グラフィックはまあまあ頑張っていると思うのですが、アーケード版に比べて操作性がイマイチだったし、バグが多かったのです。

何よりもアーケード版にあったスピード感が失われたのが残念でした。

アテナ アーケード版

それでも水着の女の子のキャラクターが受けてか以前はヤフオクなどで結構なプレミア価格で取引されていました。

アテナ

アテナ

Amazonの情報を掲載しています


フィギュアアテナ 1/6 完成品PVCフィギュア

アテナの攻略動画

スポンサーリンク