PS3のコントローラーが勝手に動くのをリセットして直す方法

PS3のコントローラーをリセット

先日、PS3のコントローラーが誤動作で勝手に動き出してゲームどころではなくなったので調べてみたら、コントローラをリセット方法がある事を知りました。

しかし、公式サイトではすでにリセット方法の書かれたページが削除されてしまったようで、間違った情報もあり少し手間取ってしまいました。

私は実際にコントローラーをリセットする事によってこの勝手に動くトラブルが収まったので、その手順と方法をまとめました。

スポンサーリンク

コントローラーが勝手に動くようになった原因

もともと私の中古で購入したPS3は、操作していないのに勝手に動く事がたまにありましたが、本当にたまになので気に留めていませんでした。

しかし、予備用で中古のコントローラーを購入した時にUSBケーブルは換えずに動作確認をするためにコントローラーのみを交換したら手が付けられないくらいに勝手に動くようになりました。

パソコンだとチャタリング、スマホだとゴーストタッチとか言ったりもしますね。

それまでたまに勝手に動く事はあってもちゃんと使えていたので、やはりこのコントローラーの交換が原因のようです。

ちなみに純正のPS3用コントローラーの『DUALSHOCK3』で型番も同じでした。

コントローラーのリセット方法

PS3本体とコントローラを有線で起動する

まず最初はPS3本体とコントローラーを有線(USBケーブル)で繋げた状態で普通に起動します。

コントローラーをワイヤレスにする

次にコントローラーを本体から外して無線(ワイヤレス)にします。

コントローラー裏のリセットボタンを押す

コントローラー裏の右側の小さな穴にあるリセットボタンを先の尖ったもので1秒ほど押します。

私の場合はつまようじの先端を使いました。

PS3コントローラーのリセットボタン

この時に重要なのが、ちゃんとワイヤレスにして操作ができない事を確認する事です。操作ができない事がリセットされた事の確認になります。

再びコントローラーを有線にする

リセットされている事を確認したら、再びPS3本体にコントローラーを付け直して有線状態にします。

この時点で操作ができればリセットが完了しているので誤動作で勝手に動き出す事もなくなりました。

まとめ

PS3のコントローラーが勝手に動く事はコントローラ自体の劣化など他の原因もあり、基板との間にティッシュを詰めるという方法が有名なようですが、私の場合はこれだけで直ってしまいました。

ドライバーを使って分解して内部を交換したりティッシュを挟んだりするのは手間が掛かるので、まずかんたんにできるこの方法をやってみるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました