ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境/FC-アクション

バンダイのアニメキャラに頼ったシリーズのゲゲゲの鬼太郎版、ファミコンカセット。

色々問題はあるけど、捨てがたい魅力もある不思議なゲーム。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: バンダイ
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1986年4月17日
  • 累計売上げ: 125万本

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境のゲーム概要

「全体マップ」「魔境」「妖怪城」「妖怪地獄」の4つの画面構成があります。
メインとなるのはアクション画面の「魔境」ステージ。

マップ構成が結構複雑で正しい選択をしたいとすぐに「妖怪地獄」に落ちてしまいます。

ゲームストーリー

悪い妖怪たちが人間界を征服し、妖怪の国をつくるために魔境を出現させた。日本は、世界はこのまま妖怪たちに占領されてしまうのだろうか!?

 そこに聞こえてくるのが、カランコロンのゲタの音。妖怪退治はまかせろと、正義の味方ゲゲゲの鬼太郎が仲間妖怪とともに妖怪大魔境にのりこんでいった!!

 魔境でのすさまじい死闘が始まった。鬼太郎と一反もめんの名コンビが繰り広げる激しい空中戦。妖怪に奪われた人間のたましいの決死の争奪戦。妖術を解くために、つるべ火をひき連れてろうそく合戦。妖怪軍団との死力を尽くした大血戦。行く手を阻む巨大妖怪の罠。妖怪城に潜む強敵妖怪の挑戦。

 鬼太郎の前途には、様々な困難が待ち受けている。魔境を制圧し、妖怪城を陥落させて平和な世界を取り戻すために、鬼太郎の果てしない冒険が続くのだ!!

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境の攻略サイト

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境の裏技

目玉オヤジが赤目になる。
魔境マップが出たら、すかさずリセットボタンを押す。
フリープレイ
ジョイスティックを接続したタイトル画面で、左+B、リセット、右+B、リセット、
左上+B+ジョイスティックの下、リセット、
下+B、リセット、右+B、リセット、右上+B、リセットと入力してスタート

このゲームについての思い出とレビュー

去年、ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげる先生が亡くなってから急に自分の中で水木ブームが来てしまい、コミックス等を買い集めています。

そういやゲゲゲの鬼太郎のファミコンカセットも発売されてたよな!と思い出し探してみましたが、所持ソフトにはありませんでした。

このゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境は、私の記憶の中にありましたが、それほど強烈な印象はなく、さすがに記憶だけでレビューを書くのは無理があるので、今回Amazonで買っちゃいました!

当時の記憶では、とにかくムズくて例によって友達数人と交代して遊んでみましたが、クリアは出来ませんでした。

そして大人になってやってみたら、とにかくマップ画面の鬼太郎が小さいのなんの!

アクション画面は結構普通なんですが、どれが敵だか味方だか分かりにくいですね。

次から次へと似たようなステージが続くので、途中で心が折れちゃうんですよね。
クリアには相当な根気が必要です。

基本横スクロールで、あまり爽快感がない操作性は同じバンダイのオバケのQ太郎 ワンワンパニックに似ている感じです。

ただグラフィックとか音楽は当時としては、かなり頑張っている気がします。
ちゃんとあの鬼太郎の世界観が表現できているんですよね。

なんとこのゲーム、エンディングが存在しません。
最後のボスを倒すとまた普通にスタートから無限ループするのみ。

まあ人によってはクソゲー扱いだし実際そうだと思います。

posted with カエレバ

操作性★★
マップ画面の鬼太郎がやたらと小さい。他のバンダイのゲーム同様に操作性は良いとは言えない。
BGM★★★★
おどろおどろしい感じは良く出ている。
ハマリ度★★★
ハマる以前に難しくて挫折しがち。

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境の動画

BGM集

CM動画

スポンサーリンク

アクションバンダイ

Posted by blue-knight