聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲 ファミコン史に残るミュージシャンキャラによるクソゲー【FC】

総合評価
聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲

神様に囚われの身になった聖飢魔Ⅱメンバーを自称悪魔のデーモン小暮(現デーモン閣下)が救出するアクションゲーム。

でもBGMにはバンドの楽曲を使われておらず、あれ?って感じ。

機種ファミリーコンピュータ
メーカーCBSソニー
ジャンルアクション
発売日1986年12月24日
価格4,900円
累計売上?本
スポンサーリンク

ゲーム概要

プレイヤーは、デーモン小暮を操作してステージ内にあるアイテムを全部集めて囚われたメンバー4人を救出していきます。

最終のステージ5では神であるゼウスとの対決があり、勝利して悪魔教典を奪還し、大黒ミサ(ライブ)をするのが最終目標となります。

ゲームはライフ制でライフがゼロになるか、タイムオーバーでゲームオーバー。

コントローラー操作

十字ボタン移動
Aボタンジャンプ
Bボタン攻撃
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

BGM

確かに悪魔のイメージどおりの不気味なBGM。とは言え聖飢魔IIの楽曲は一切使われておらず、作曲にメンバーも関わっていないのはミュージシャンのゲームとしては致命的。

何か大人の事情があったのかも?

攻略動画

ゲームレビュー

『聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲』が発売されたのは1986年というバブルの真っ只中でした。
景気が良く、ファミコンソフトを発売すればどんな内容でもそれなりに売れたのでゲームメーカー以外も続々参入してきました。

レコードメーカーであるCBSソニーもその中のメーカーのひとつであり、当時、ミュージシャンとしてもタレントとしても人気だったデーモン小暮が起用されました。

現在でもニュースや相撲コメンテーターとして活躍していますが(デーモン閣下と改名)、当時の人気はかなりものので翌年にオールナイトニッポンのパーソナリティーとしても人気になります。

しかし、このゲームの画面上のアイテムを全部取るだけという単純作業に1面から嫌気がさしてしまいました。

それとデーモン閣下のジャンプがかなりクセが強く、ボタン操作の後にやや時間差があってジャンプして空中で着地点をコントロールするというのが慣れるまで苦労します。

ライフ制で難易度はさほど高くないですし、それなりに遊べる内容ですが、ひと言でいうとただ純粋につまらなかったです。

ステージ毎に楽器を取り戻して完成させるというコンセプトは迷宮組曲と似ていて面白いのですが。

なんて言うかゲームへの愛やこだわりがほとんど感じられず、ただ出せば売れるから発売したというのがありありと感じられます。

そんな畑違いのゲームを発売したソニーも10年後くらいしてプレイステーションでゲーム業界に本格参戦して天下を取ってしまうのだから分からないものです。

独断評価チャート

聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲の評価チャート
created by Rinker
CBSソニーグループ
¥500(2021/12/06 15:21:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました