プーヤン 隠れキャラと裏技を盛り込んだ珍しい横固定シューティング【FC】

総合評価
プーヤン ファミコン版

ハドソン得意のシューティングゲームながら、ちょっと趣きが違うのは舞台は宇宙じゃなくて森の中、主人公はパイロットじゃなくてブタのママ。

そして一番の特徴はインベーダー~ギャラクシアンまで主流だったキャラが横移動するんじゃなく縦移動する点でしょう。

機種ファミリーコンピュータ
メーカーハドソン
ジャンルシューティング
発売日1985年9月20日
価格4900円
累計売上?本
スポンサーリンク

ゲーム概要

オオカミにさらわれた子ブタのプーヤンを母ブタが救出する画面固定の横向きのシューティングゲーム。

プレイヤーはママの乗ったゴンドラを上下に移動させて、風船に乗って攻めてくるオオカミを弓で射るか肉を投げて倒す事ができる。

一定数のオオカミを倒すとステージクリア。
オオカミの投げる石や岩に当たるとワンミスとなります。

コントローラー操作

十字ボタンゴンドラを上下に移動
Aボタン矢を射る、肉を投げる
Bボタン矢を射る、肉を投げる
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタンゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

武器

プーヤンママの武器は矢と肉の2種類。
横方向にまっすぐ飛ぶ肉は矢は2連射まで可能でオオカミを攻撃。

肉の放物線を描いて落下して肉につられてオオカミが落下させる効果がある。
何の肉か正体は不明。

ステージ構成

奇数面は大きな木の下での戦い。風船に乗って降りてくるオオカミを倒す。

偶数面は岩場での戦い。オオカミが風船に乗って上がってくるのを倒す。

偶数面をクリアすると、オオカミが攻撃してこないボーナスステージ。
最初のボーナスステージは偶数面と同じ構成で制限なしの肉を使ってオオカミを倒すと、2度目はオオカミの投げるフルーツを射るとそれぞれボーナス得点がもらえる。

プーヤンのゲームストーリー

むかしむかしの森のなか、小ブタのプーヤンは、ママとお兄さんブタのブーヤンたちにかこまれて、楽しい毎日を送っていました。
ところがある日プーヤンは、こわいオオカミにさらわれてしまったのです。さあたいへん、プーヤンを助けるために、ママが必死でオオカミ退治をはじめました。
お兄さんのブーヤンも、ママの乗ったゴンドラを引っぱって協力します。
さあ、オオカミを全員やっつけて、無事にプーヤンを助け出すことができるでしょうか。

隠れキャラ

条件効果
毛虫狼を30匹倒す肉がもらえる
ゴキブリ風船製造機からでる風船を20回連続命中5UP
チョウチョ敵の石をゴンドラに3回当ててから命中ランクUPに必要なフルーツの数が1つ減少
葉っぱゴンドラ両端と接触せずに上下移動ボーナス得点
キノコ深度134で空打ちを12回するスピードUP
ベース音に合わせてAボタンかBボタンを20回押す。肉の軌道がジグザグになる

BGM

初期のソフトなので全部足しても短い!
勇ましいオープニングから不安をあおる展開は見事です。

メインBGMは、なぜか『森のくまさん』ブタなのに・・・

プーヤンの裏技

葉っぱが出現

ジョイスティックのレバーを下に押して十字ボタンの上を押す。ゴンドラが一番上に来たら十字ボタンを放す。

ゲームレビュー

本当にプーヤンってアイディアの勝利だと思います。
キャラが横移動だったらごく普通のシューティングゲームって感じです。
私は発売当時、友人から借りてすぐに飽きてしまったのですが、このプーヤンってタイトルでブタが主人公ってだけは強烈に印象に残っています。

それにしてもママが投げる肉は何の肉なんだろう?豚肉だったら結構ホラー。

それとオープニングのブタの鳴き声を表現した効果音もオオカミに襲われた断末魔のようにも聴こえなくもない。

プーヤンが発売された当時は裏技や隠れキャラ探しが全盛の時代で、その要素を目いっぱい盛り込んでいます。

裏を返すとそれ以外にこれといったやり込み要素はなく、かなり単純で飽きやすいゲームで発売された1985年当時すでに古いタイプのゲームでした。

ブタをプーヤンという名前をつけただけでこんなにも愛嬌が出るもんなんでしょうか!?
あれ?そういやブタって森の中に住んでたっけ?

独断評価チャート

プーヤンの評価チャート

プーヤンの攻略動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました