ベースボール/FC-スポーツ

1980年代当時の国民的スポーツは何といっても野球でした。
その時代に発売されたファミコン初の野球ゲームがベースボールでした。

守備はコンピュータまかせ、選手の能力の差はないながらも自分のひいきチームを選んで楽しめるゲームでした。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: 任天堂
  • ジャンル: スポーツ
  • 発売日: 1983年12月 7日

ゲーム概要

当時のセリーグのイニシャルの全6チームから選択してプレイボール。
選手の能力はすべて同じなのでどのチームを選んでも能力差はありません。

代打やピッチャー交代もなしで守備はコンピューターにおまかせです。

コントローラー操作

攻撃時

十字キー:打者の移動、走者の指定
Aボタン:スイング、帰塁
Bボタン:走塁

守備時

十字キー:球種の指定、塁の指定
Aボタン:投球、送球
Bボタン:牽制球、送球

ベースボールの裏技

必ずGチームと対戦

リセットボタンを押しながらスタートボタンを押しリセットだけを離す。

反則技・超スローボール

ファミコン本体の端子部分に金属を押し当てながらピッチャーがボールの投げると
こんなの打てるか!っていう位のヘナヘナなスローボールが投げられるのですが、故障の原因になったので当時のファミマガとかでもこの裏技は絶対やらないで下さいとか注意していました。

まあそれでもやっちゃうんですけどね。
私の場合は果物ナイフの刃の部分を端子にくっつけて投げていました。

何回かやりましたが丈夫なファミコン本体のおかげで故障はしませんでした。

やっぱりやらない方が良いのでしょうね。
良い子はくれぐれも真似しちゃダメだぞ!

ゲームレビュー

地上波で野球中継がほとんどない今とちがって当時の野球人気は非常に高かったですね。

今よりもドラフトが公平でFAなんかもなかったから戦力が平均化していて各球団に絶対的なエースがいて楽しみがありました。

だからこそ、このベースボールのチーム戦力の違いの無さはすんなり受け入れられた気がします。

選手の長打力、走力などはすべて同じ、守備がコンピュータ任せの自動、ライン際のライナーはスリーベースになりやすいなど問題点は多々ありましたが、かつてエポック社の野球盤を夢中で遊んだ子供達には十分楽しめたのでした。

私のまわりではバットをちょっと寝かせて打つ加藤博一打ちが妙に流行りました。

posted with カエレバ

ベースボールの動画

スポーツ任天堂

Posted by blue-knight