ファミリーマージャン【FC】初心者と低年齢層向けをアピールした功績

テーブル

スポーツゲームが主だったナムコのファミリーシリーズに登場した麻雀入門用ゲーム。
当時このゲームで麻雀のルールを覚えた人も多いはず。

機種ファミリーコンピュータ
メーカーナムコ
ジャンルテーブル
発売日1987年8月11日
価格3,900円
容量1.5M
スポンサーリンク

ゲーム概要

二人打ちの麻雀ゲーム。
初心者はレッスンモード1~3で麻雀牌の名称や役の種類などを最初から学ぶ事ができる。

一通りルールを覚えたら実践モードで5人のギャル+師匠と対戦。

レッスン1

麻雀の道具及び名称。牌の組み合わせ。ゲーム進行などの解説

レッスン2

ドラ牌について。得点計算、役の説明、練習問題。

レッスン3

これまで学んだ知識を活かしてのコンピューターとの対局練習。
困ったときはセレクトボタンでヒントをくれる。

(麻雀教室) ファミリーマージャンで麻雀ルールを覚えよう (初心者向け)
ゲームクリア

実戦モードで全対戦相手に勝利する。

ゲームオーバー

実戦モードで対戦相手に敗北する。

コントローラー操作

十字ボタンカーソル移動
上 リーチ
右 ポン
左 チー
下 カン
Aボタン捨牌、ツモ
Bボタン和がり
セレクトボタンサブコマンド(リトライ)
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

対戦キャラクター

名前年齢麻雀歴得意技
ひでみ18歳3カ月ニコニコ勝負
ゆりえ19歳9カ月単騎勝負
りえ20歳1年ホンイツ
めぐみ22歳3年チンイツ
さゆり24歳5年一発狙い
師匠45歳35年役満一筋

ファミリーマージャンの裏技

25万5000点ボーナス

  • レッスン3でリーチをかけたら捨て牌をする前にセレクトボタンを押してリトライする。
  • リーチ棒が55本と表示されるが実際には255本になる。
  • 上がると25万5000点が入る。

BGM

マージャンだけあってオープニングBGMも中国風です。
対局中のBGMはなしですがサンプリングボイスが入ります。

攻略動画

ファミコン版 ファミリーマージャン

ゲームレビュー

本作、ファミリーマージャン発売以前には任天堂から発売された『麻雀』と『4人打ち麻雀』がありましたが、それらは最初からルールを知っている大人向けで初心者や低年齢層にアピールする要素は乏しく手を出しにくいものでした。

そのファミコン市場にファミリー向けで子供にも分かりやすく解説したゲームとして、ファミリーマージャンは発売されました。

本当の初歩である麻雀道具の名称から役の種類までていねいな解説があり、麻雀に興味はあっても最初の1歩を踏む出せなかったユーザーの心をつかむ事に成功しています。

実際に私がそうだったのですが、さすがにファミリーマージャンの解説だけでは分からない部分もあったので初心者用の麻雀入門マンガも同時に購入して勉強して何とか遊べるようになりました。

created by Rinker
¥1,078 (2024/06/15 01:05:49時点 Amazon調べ-詳細)

ところで実践編の対戦相手が最後の師匠以外は若い女の子ばかりなのは、実はメーカーが脱衣麻雀を発売したかったからなのか?

評価できる点

大人向けのゲームである麻雀を低年齢層にアピールした功績が非常に大きいソフトです。

テキストも漢字表記で文字も大きく読みやすく、『ポン』や『チー』など声はサンプリングされた音声が使われています。

マイナスな点

やはり麻雀なので4人で対戦したかったところ。
とは言えこの当時のファミコンの機能ではこれが限界か。

独断評価チャート

ファミリーマージャンの評価チャート

まとめ

本作は好評だったようでファミコンでシリーズ化されて3作目まで発売されました。

プレステ時代にマージャンソフトは多く発売されたのでビデオゲームでマージャンを遊ぶという側面では役目を終えましたが、まったくの初心者が最初から学べるという面ではまだまだ価値があるゲームと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました