スヌーピーコンサート【SFC】のんびり癒し系の隠れた名作

アクション

スーパーファミコン末期に発売されたスヌーピーのゲームソフト、スヌーピーコンサート
原作同様に誰も傷つかない平和な世界観とゲームオーバーのない不思議なアクションゲーム。

機種スーパーファミコン
メーカー三井不動産、電通
ジャンルアクション
発売日1995年5月19日
価格9,800円(税抜)
容量16MB
スポンサーリンク

ゲーム概要

パズル要素、アドベンチャー要素のある横スクロールアクションゲーム。

チャーリー・ブラウン、ライナス、リラン、シュローダー、各キャラ4つのゲームをクリアして最後はペパーミント・パティが待つコンサート会場へ向かう。

電話番号としてパスワードが表示されるので入力する事で再開が可能となっている。

懐かしのゲームCM『スヌーピーコンサート』
ゲームクリア

各キャラクターの依頼された内容を解決して観客を集めてコンサートを成功させる。

ゲームオーバー

ゲームオーバーになる事はない。

十字ボタンウッドストックの移動
Aボタンウッドストック操作
(スヌーピーを呼ぶ、スヌーピーが走る)
Bボタン項目の実行、パスワード入力
(スヌーピーを呼ぶ、スヌーピーが歩く)
Xボタンウッドストック操作
(スヌーピーを呼ぶ、スヌーピーが走る)
Yボタン項目の実行、パスワード入力
(スヌーピーを呼ぶ、スヌーピーが歩く)
LRボタン使用しない
セレクトボタン使用しない
スタートボタンゲームの開始

BGM

ピーナッツシリーズでおなじみの楽曲『ライナス・アンド・ルーシー』などが効果的に使われています。アレンジは任天堂タイトルやポケモンシリーズの作曲者として知られる田中宏和氏。

これはもう外しようがないですね。

Snoopy Concert OST / Hirokazu "Hip" Tanaka's Obscure VGM / スヌーピーコンサート / Soundtrack / Music

攻略動画

[SFC] Snoopy Concert スヌーピーコンサート Walkthrough

ゲームレビュー

スヌーピーのゲームがスーパーファミコンで発売されているなんて知りませんでしたが、たまたま最近になって知って購入してみました。

販売元は三井不動産って何でだろう?でも制作は任天堂なので期待できます。

タイトルが英語表記だったり洋ゲーっぽいテイストですが日本国内のみでしか発売されていません。

何とプレイヤーはスヌーピーを直接操作が出来ません。

スヌーピーの前を移動する相方の小鳥ウッドストックを操作してスヌーピーに指示して動かすという回りくどい操作となっています。

行く先々でちょっとした謎解きがあり、それらをクリアしながら各キャラクターのお使いをこなしていくストーリーです。

一応、アクションゲームに分類されますが、アクション性は少なくどちらかというとアドベンチャーゲームやパズルゲームに近い内容です。

評価できる点

グラフィックはもちろんの事、スヌーピーのちょっと哲学的なセリフ等ピーナッツの世界観を見事にゲーム化しています。

通常のアクションゲームとの大きな違いは、敵がいないという事です。

一部ジャマしてくるキャラクターはいるのですが、障害物、対戦相手ってイメージです。

敵がいないからスヌーピーは攻撃を受ける事もなく、攻撃する事もありません。
またタイムオーバーもゲームオーバーになる事すらありません。

ステージ上には敵がいないので攻撃される心配もなく時間切れで急ぐ必要もないからポーズ機能(一時停止)もありません。

マイナスな点

スタート時の操作がウッドストックがマウスカーソルになっていてカーソルを合わせるとゲームが始まるのですが、パソコンが普及していない当時これはちょっと戸惑ったプレイヤーは多かったのではないでしょうか。

独断評価チャート

まとめ

スヌーピーが直接操作できないのはもどかしいのですが、逆にそれが本作スヌーピーコンサートの持ち味となっています。

アニメーションも挿入されているし、BGMを含めて全体的にクオリティが高く、スーファミでこれだけの事ができるとはって感じで思っていた以上に楽しめました。

発売がスーファミ末期1995年という事もあり、あまり知名度はないですが、ゲームオーバーがないのんびりとした癒し系の隠れた名作です。

created by Rinker
三井物産
¥11,500 (2024/06/15 00:00:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました