シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件【FC】これぞ真のクソゲー!

シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

コナン・ドイル作の名探偵シャーロック・ホームズをキャラクターとするアドベンチャーゲームに見せかけた理不尽なアクションゲーム、シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

ガチクソゲーメーカーであるトーワチキ第1弾ソフト。

機種ファミリーコンピュータ
メーカートーワチキ
ジャンルアクション・アドベンチャー?
発売日1986年12月11日
価格5,000円
容量1M
スポンサーリンク

ゲーム概要

アップル伯爵からの依頼を受けたシャーロック・ホームズが、イギリス各地を駆け巡りながら犯罪組織パパイヤ団に誘拐された令嬢のマーガレットを救出するストーリー。

フィールドでは見下ろし型、地下や屋内では横スクロールのアクションゲーム。
基本的にはほぼノーヒントで攻略しなければならない。

ゲームクリア

犯罪組織パパイヤ団にさらわれた伯爵令嬢を救出する。

ゲームオーバー

ホームズのライフがゼロになる。地下で敵に接触する。

コントローラー操作

十字ボタン移動
Aボタンジャンプ
Bボタン攻撃
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

コンティニュー

2種類あり、コントローラー1の場合は、ライフが1から再開、2の場合は、フルで再開できる。

コントローラー1のセレクト+スタートorコントローラー2の右+Aボタン+Bボタン

BGM

バリエーションが少なく単調なBGMが繰り返されるだけのゲーム内容同様の手抜きBGM。
ただ何度も聴いていると印象の残るのだから名曲なのだろうか?

ゲームレビュー

このシャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件は、発売当時、周囲では誰も持っていなかったので大人になってから中古で入手してプレイしました。

ゲームがスタートするといきなりロンドンの街中にノーヒントで放たれる名探偵ホームズ、うーん何をして良いやら?と考えてるうちに通行人にボコボコ殴られいつの間にやらゲームオーバー。

どうやら通行人を蹴り倒してお金を稼ぐ必要があるらしい。ちょっとたけしの挑戦状と共通点あり。

それならと次はスタート地点近くにある地下に降りるといきなりハイスピードで敵が襲って来て一発アウト。ちょっと待ってくれ!なんで街中だとライフ制なのに地下に降りたら一発アウトに変更されてるの?

街中にいるだけで通行人に殺される。部屋に入ると拳銃で撃たれて殺される。
昔のロンドンってこんなバイオレンスだったの?

いやー、これはヒドイわ。
クソゲー中のクソゲー。

一応、アクションアドベンチャーとパッケージには書いてあるけど、名探偵ホームズらしく推理する要素は、ほぼありません。通行人らを倒していくと推理レベルが上がりヒントがもらえるという訳の分からないシステム。

これに比べるとまだ普通に遊べるたけしの挑戦状ミシシッピー殺人事件がマトモに思えるほどのクソゲーっぷり。

評価できる点

イギリスのロンドン、リバプール、グラスゴー等の各都市を鉄道で移動できるってのはちょっとした旅行気分が味わえて良いかも。
ちょっと無理やりだったか。他に良い所あるのかな?

マイナスな点

まあゲームシステム、バランス、グラフィック、ほとんどすべての要素が平均よりマイナスですね。
本来、これは発売しちゃダメなレベルですよ。

独断評価チャート

シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件の評価チャート

まとめ

現在では攻略サイトや動画があるのでクリアは可能ですが、個人的にはとても最後までやる気にはなれませんでした。

クソゲーメーカーとしてネタ感満載のサンソフトとは別物でトーワチキのクソゲーっぷりはガチ!

結局、このゲームは謎解き=理不尽という事なんですね。
その理不尽さを楽しめるかどうかが本作を楽しめるかどうかのポイントとなります。

created by Rinker
トーワチキ
¥41(2023/02/03 18:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました