高橋名人の冒険島/FC-アクション

子供達はもちろん、「ゲームは1日1時間まで!」でお母さん達からの受けもよかった高橋名人がとうとうゲームの主人公になりました。

高橋名人の冒険島の発売当時の高橋名人の人気はすさまじく映画の主役も演じていましたね。
その高橋名人が主人公となったゲームはシューティングではなく以外にもスーパーマリオ風の普通の横スクロールアクションゲーム。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ハドソン
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1986年 9月12日

高橋名人の冒険島のサントラ・BGM

高橋名人の冒険島の概要

セガのアーケードゲーム「ワンダーボーイ」の主人公を高橋名人に変更しての移植作です。

恋人ティナを救出するため、南の島に棲むキュラ大王を倒すのがゲームの最終目的となります。

右スクロールで8エリア4ラウンド制の全32ステージ構成というのは、あのスーパーマリオと同じ構成ですが、高橋名人の冒険島ではライフ制が採用されています。

名人の武器となる石オノは、道に落ちている卵を割ることでゲット出来ます。

高橋名人の冒険島の裏技

コンティニュー
1エリア1ラウンドのゴール寸前のがけでジャンプ、隠れタマゴの中身のハチ助で十字ボタンを押しながらスタート

1up
3エリアの2ラウンドまでスケボーで行き、4の看板の近くのたまごを割ってハニーを出す。
Bボタンでダッシュしてハニーとゴールするとハニーがとしゆき君に変わり1up!

名作ポイントレビュー

当時の小学生のとって高橋名人はヒーローでありあこがれの人でした。

だから本当はハドソンの一従業員に過ぎなかった高橋名人がマリオやパックマンと同列に扱われても子供たちは何の違和感も感じなかったのだと思います。

スケボーに乗ってオノを取ってと段階を踏んで強くなるのはスーパーマリオを強く意識してのことかと思いますが、ゲーム事態はかなり無難に面白く遊べる内容です。

キャラ物のゲームとしてはよく出来ていてちゃんと遊べるゲームで高橋名人の冒険島シリーズは3作まで製作されスーファミやプレステまで関連商品が発売されているあたり時代を越えた高橋名人のカリスマぶりは健在!?

posted with カエレバ

高橋名人の冒険島の動画


PAGE TOP