エレベーターアクション ファミコンから始まってリメイクされ続ける名作

総合評価
エレベーターアクション

エレベーターを使ったアクション性と乗ったり降りたり、ドアに入ったり出たりと戦略性を取り入れた名作スパイゲーム。

単純なようでいてなかなか奥が深いのがハマるポイント。

機種ファミリーコンピュータ
メーカータイトー
ジャンルアクション
発売日1985年6月28日
価格4.900円
累計売上
スポンサーリンク

ゲーム概要

プレイヤーは、スパイとして敵のアジトである30階のビルの赤いドアの部屋にある機密文書を奪取し、8画面分スクロールして下にあるて最下階までエレベーターを使って逃げきるのが任務となります。

以下の条件でワンミスとなりスパイをすべて失うとゲームオーバーとなります。

  • ガードマンのピストルに撃たれる。
  • エレベーターの穴に落ちる。
  • エレベーターにつぶされる。

全4ステージで以降はループ構造。

コントローラー操作

十字ボタン移動
上…立つ
下…座る
Aボタンジャンプ
Bボタンピストルを撃つ。(3連発)
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

ゲームストーリー

やあ……待たせたね!
君に極秘の任務を受けてもらいたい……いいね。
ある組織のビルに侵入し、敵の機密書類を全て盗みだしてほしいのだ。
書類は赤いドアの中にある。警備は厳重だ。
敵はガードマンといえどもプロだ! なめてかかると痛い目にあうぞ。
武器はピストルを用意した。
君の得意なジャンプキックも武器になるだろう…。
侵入は屋上からした方がいいだろう。あそこなら敵にも気付かれまい。
中にはエレベーターとエスカレーターがある。
エレベーターの動かし方は知ってるね。
前もってビルの内部を調べさせたが、1階から7階までのレイアウトが全くわからないのだ。十分注意してくれたまえ。
地下に逃走用の車を用意してある。
それじゃあ、すぐに出発してくれたまえ、
健闘を祈る……。

エレベーター

通常のエレベーターは、中に人が乗っていないと動かないが、このゲームのエレベーターは常に自動的に上下移動しており、プレイヤーが中に入る事で上下に操作可能になる。

BGM

スパイがテーマの割りにBGMは割とのんびりしている?
銃で撃たれた時の効果音が何ともキュート!

収録サントラCD

エレベーターアクションの裏技

18階にワープ

13階の左端に立たせエレベーターが降りてくるのを待って乗り込んだらすぐにジャンプ。ガクンとした時にAボタンを押す

弾丸がスローになる

2人プレイでプレイヤー2がコントローラ2の上を押しながらBボタンを連打すると最初の弾が後ろへ遅く飛ぶ

ゲームレビュー

このエレベーターアクションはいとこが持っていてよく遊びに行った時にプレイしていました。

何というか設定もキャラクターもアクション性もゲームバランスが絶妙にいいんですよね。

横スクロールのアクションゲームですが、単純ではなくエレベーターを使って上下する楽しさやエレベーターの天井に乗ったりする遊び心でファンのハートをガッチリつかみました。

敵の倒し方が、ピストル以外にエレベーターで押しつぶすっていうのは結構エグくて衝撃的でした。

独断評価チャート

エレベーターアクションの評価チャート

エレベーターアクションの攻略動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました