フォーメーションZ/FC‐アクション

ファミコン初のロボット変型アクションゲーム。
ゲーム中のBGMはなし、シンプルすぎるキャラクター、結構な難易度も何のその、2種類の武器を使いながらロボットの歩行と飛行を自由に操れるのが大きな魅力です。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ジャレコ
  • ジャンル: 横スクロールアクション
  • 発売日: 1985年 4月 4日

フォーメーション Zゲームストーリー

西暦2701年、 地球連邦は惑星ザナックの反乱勢力により
総攻撃を受け壊滅状態に追い込まれた。
地球連邦は、 ザナック軍の特殊兵器に対抗すべく、
可変戦闘メカ「イクスペル」で攻撃する。

ゲームレビュー

フォーメーションZは当時マクロスなどで流行していた飛行機に変型するロボットを取り入れたゲームですが、かなりシブい出来でした。

自機のロボット、イクスペル(なんかやらしいような名前だがそんな事はない)のグラフィックがショボイのでなんだか迫力に欠けるんですね。

おまけにBGMはなしだから、プレイ中は効果音のみがひたすら響きます。

なんか子供向けの設定のはずなのにゲーム自体は全く愛想がない硬派な内容なんです。

それでも男の子にとってはかなり魅かれるゲームである事は確かです。
燃料がなくなるとゲームオーバーというのも当時としては珍しい設定だったと思います。

やはり一番の魅力は空を飛んでも歩いても良いという自由度なんだと思います。(海は飛行するしかないのですが)

調子に乗ってずっと飛行機のまま進むと海の途中でエネルギー切れで墜落してしまうこともしばしばあります。

posted with カエレバ

フォーメーション Zの動画