がんばれゴエモン!からくり道中/FC-アクション

ファミコン初の2メガの大容量!と当時コナミが大々的に宣伝していたのが懐かしい、ゴエモンシリーズの第1弾ソフト。

RPGやアドベンチャー要素も取り入れたスケールの大きいアクションゲーム。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: コナミ
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1986年 7月30日

がんばれゴエモン!のサントラ・BGM

ゲーム概要

主人公ゴエモンは、ノーマル時はキセルを使って攻撃、パワーアップすると小判を投げて敵を攻撃できます。

小判を投げても所持金は減らません。

ゴエモンはライフ制で敵に攻撃されると減りますが、アイテムで回復も可能。

フィールド内にある「通行手形」を3つ回収して、関所に辿り着くとステージクリアとなります。

「通行手形」は特定箇所でジャンプすると出現する「隠し階段」の中やショップで料金を払って挑戦することのできる「3Dダンジョン」の中に多く隠されていたり、ショップでも販売されいます。

どんな入手方法でも手に入る手形は一緒なのでとにかく早く3つ入手すればOKです。

1つの国は3ステージ構成で、スタートの肥後からゴールの江戸まで日本全8か国を旅する壮大なストーリー。

がんばれゴエモン!からくり道中ゲームストーリー

その昔、大平の世を良いことに、全国各地の大名は、庶民の暮しを顧みず、したい放題私腹を肥やしておりました。
そんな御時世、噂の義賊ゴエモンが、盗んだ小判を貧しい人に与えながら、諸国大名をこらしめる旅に出たのでございます。しかし、御上の追手は厳しく、城への道中は容易なことではございません。はてさて、この物語の結末はいかに相成りますことやら――?
がんばれゴエモン!

がんばれゴエモン!からくり道中の裏技

コンティニュー
コントローラー1のAとBボタンを押したままスタートボタンを押す。
アイテムはなしお金は半分でスタート
地図が表示
印籠を持っている状態で迷路でABボタンを押す

ゲームレビュー

このがんばれゴエモン!からくり道中は、お年玉の貯金をはたいて定価5300円で近所のおもちゃ屋で購入したので非常に思い入れのあるソフトです。

当時の小中学生のお小遣いからしたら5300円は大きな買物でしたが、今となっては笑ってしまう2メガの大容量というテレビCMの宣伝に大きく魅かれて発売日にどうしても手に入れたくなったのです。

電源を入れてスタートするとゴエモンを追いかける岡っ引きの「御用だ!御用だ!」の声が流れます。
これだけで「おーすごい!さすが大容量!」と思ったものでした。

ゲームシステム自体は普通のアクションゲームですが、横スクロールでの大容量のマップ、コナミらしい愛嬌のあるキャラクターで楽しませてくれます。

手形を3つ集めて関所に行くと関所を通過してステージクリアってシステムも当時としては斬新だったと思います。

だけどそれが時間が掛かるの何のって。

コンティニューはあるけど電源落としたらまた最初からやり直しってのがきびしいために5ステージまで行ったのは覚えているけど結局クリアーはならず。
せめてパスワードがあれば・・・

posted with カエレバ

がんばれゴエモン!からくり道中の動画

BGM集

スポンサーリンク

アクションコナミ

Posted by blue-knight