舛添要一 朝までファミコン/FC-クソゲー

元東京都知事で当時、国際政治学者の舛添要一氏が、監修したファミコン末期のビジネスマン向けアドベンチャーゲームがこの舛添要一 朝までファミコン

タイトルはもちろん「朝まで生テレビ」からのパクリ。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: シードリーム
  • ジャンル: アドベンチャーっぽいクソゲー
  • 発売日: 1992年4月17日
  • 累計売上げ: 不明

舛添要一 朝までファミコンを手にした舛添要一

攻略サイト
舛添要一朝までファミコン最短攻略

ゲーム内容

私自身は、このゲームをプレイした事はありませんが、タイプとしては、コマンド総当たり方式のアドベンチャーゲームなので動画を見ればストーリー展開は、ほぼ分かってしまいます。

プレイヤーは、「ココナッツ商事」に務めるサラリーマン・藤沢和人(営業部第一課課長)となり、舛添氏にアドバイスをもらいながらライバル企業との土地の買収合戦に勝利するのが目標というストーリーは、92年の発売だけあってバブリーです。

いやちょっと待て!この人って国際政治学者を名乗っていなかったけ?
経営やビジネスに関するキャリアは一切ないはずなのに、なんでレクチャー出来るんだろう?

まあゲームの内容自体は、結構まっとうなアドベンチャーゲームみたいです。
しかし主に子供向けのファミコン市場では、得意先を芸者で接待したりする場面のあるかなりの異色ソフトです。

中古相場の価格は以前は箱なしで1000円くらい、例の政治資金私的流用疑惑と辞任騒動で一時は2万円を超えましたが、2016年7月現在1万円前後で落ち着いています。

ブーメラン名言集

付録の書き下ろし小冊子舛添BOOKには、未来の自分に対するブーメラン名言も多数収録されているのも大きな魅力。

  • 公私混同は失敗の元
  • その費用は誰が出しているのか考えるべきだ。自前の金も出せない男に自由はないのだ
  • ビジネスがらみか、自分自身の楽しみのためかの区別ができない男はダメである
  • 最後に一言!趣味はたくさん持ちなさい。仕事も遊びも中途ハンパなヤツは成功しない

このソフトの評価

ゲームの場面でゲスだなと思ったのが、セクハラをされた芸者に取引先の手前、謝れと迫る場面。
何となく舛添要一氏の女性観がうかがえます。

各章の最後にビジネス用語やなぜか舛添要一関連の問題が出題されます。
例えばこんな問題。

問・次のうち舛添要一の著書でないものはどれ?

知らんちゅーの!

こんなもん朝まで出来るかよ!

posted with カエレバ

舛添要一 朝までファミコンの動画

BGM集


PAGE TOP