アルカノイド/FC.PS.DS-パズル

総合評価
アルカノイド

アタリ社がオリジナルのオールドゲーム、ブロック崩しをタイトーが斬新なアレンジを加えてよみがえったアーケード版のファミコン移植作品。

ファミコン版では専用コントローラーが付属されてました。

機種ファミリーコンピュータ
メーカータイトー
ジャンル パズルアクション
発売日1986年12月26日
価格5,400円
容量?KB
累計売上?万本
スポンサーリンク

10年後によみがえったブロック崩し

アタリのブロック崩しから約10年を時を経て復活したブロック崩しの進化系ゲーム。

プレイヤーは、左右に移動可能なバウスを動かし、エナジーボールを上部にあるブロックに当ててすべて崩すと面クリア。

2万点、6万点到達で1機追加、以降6万点ごとに1機追加。

画面下にエナジーボールが落ちるとワンミスとなります。

全33面構成。

コントローラー操作

十字ボタン左右…左右へ移動
上下…使用しない
Aボタンサーブ・リリース・レーザー
Bボタンスピードアップ
セレクトボタンゲームモードの選択。
スタートボタンスタート、ポーズ。

従来のブロック崩しとの主な違い

  • パワーアップアイテムによって攻略が多彩になった。
  • 敵キャラクター(ボスキャラ)が存在する。
  • ステージが上がるごとにボールのスピードが上がり難易度が上がる。
  • ブロックの色ごとに耐久度があり、一定の回数当てないと崩れない。

ドラえもんはアルカノイドの達人だった!?

先代のドラえもんの声優、大山のぶ代さんはアルカノイドを全面クリアできたそうです。

当時ゲーセンに通いつめて最終的にはゲーム機ごと購入して別荘に置いていたのだそうです。

相当やりこまないとこのレベルにはなれませんよね。

【トリビアの泉】 大山のぶ代はアルカノイドがうまい

裏技

コンティニュー

ゲームオーバー後にタイトル画面でAボタン+Bボタンを押しながらセレクトボタンを5回押してからゲームスタート。

ステージセレクト

ゲーム中にAボタンとスタートボタンを同時に押す。

アルカノイド2

続編のアルカノイド2も発売されました。

かなり難易度が上がって初心者は1面クリアするのも一苦労します。

Arkanoid II (FC) | Playthrough

PS版 アルカノイドリターンズ

さらに難易度を増したプレイステーション版のアルカノイドリターンズでは、全50ステージで2人同時プレイも可能になりました。

アルカノイドDS

DS版では新旧取り混ぜた全140ステージとさらにパワーアップしています。

ゲームレビュー

アルカノイドの元となったアタリのブロック崩しは、裕福な家庭の同級生の家で遊んだ記憶があります。

その時代のゲームとしては非常によくできていますが、かなりシンプルなので数ステージプレイすると飽きてきます。

だからアルカノイドの発表当初は、どうせブロック崩しでしょ?ってナメてましたね。

しかし、友達から借りたアルカノイドをプレイしたら見事にハマりました。

ものすごいシンプルなゲームなんだけど、オリジナルのブロック崩しに比べてステージ構成が多彩で敵キャラがいたり、アイテムを取るとボールが複数になったり、バウスの幅が伸びたり、シューティングゲームみたいにレーザーで攻撃できたりと飽きさせない工夫がされており、ずっと続けてしまう中毒性があります。

タマの行方がどっちにいくかが不規則で気になってしまうのはちょっとパチンコに似ている感じがします。

アルカノイドの攻略動画

Arkanoid (FC)

コメント

タイトルとURLをコピーしました