エグゼドエグゼス(EXED EXES) /FC-シューティング

発売当時、ファミリーコンピューターマガジンを発行していた徳間書店から発売されたシューティングゲーム。
期待は大きかったけど、画面がチラつきと重さがハンパなく、それがこのゲームの代名詞になってしまった。

エグゼドエグゼス

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: 徳間書店
  • ジャンル: 縦スクロールシューティング
  • 発売日: 1985年12月21日
  • 定価: 5,200円
  • 累計売上げ: ?万本

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

カプコンがアーケード版で発表したシューティングゲームのファミコン移植版。

昆虫型の敵を倒しながら超浮遊要塞でエグゼドエグゼスを破壊することが最終目的となります。

2人同時プレイも可能。

ステッカープレゼント

ゲームオーバー後に表示されるパスワードを説明書に付いている応募券と共にハガキに書いて送ると特典としてステッカーがもらえた。

  • 50万点 シルバーステッカー (先着2000名)
  • 200万点 ゴールドステッカー (先着500名)
  • 500万点 プラチナステッカー (先着100名)
  • 900万点 ロイヤル純金ステッカー (先着10名)

BGM

ちょっとゼビウスっぽい無機質なデジタル系サウンド。
ステージクリアのBGMが心地よい。なんかドルアーガの塔のBGMにちょっと似ている?

収録サントラCD

ゲームレビュー

アーケード版はカプコンだけど当時はアーケード専用のメーカーだったので販売元は徳間書店。
徳間書店といえば当時の人気ファミコン雑誌である『ファミマガ』を発行している出版社だったので、当然このエグゼドエグゼスもやたらと押していました。

アーケード版が原型とは言えファミコン版では大きくグレードダウン。

その最大の特徴は、ゲームスタート時から始まる激しい画面のチラツキと動作の重さ。
ファミコンの限界を超えて無理やり詰め込んだために画像処理が追い付かなったのです。

当時のファミマがでの紹介記事で
「EXES軍は画面上にいっぱい現れるとフラッシュ攻撃をしてきて見えにくくなるぞ!」という結構有名なフレーズがあります。

これは完全に画面のチラツキと動作の遅さをごまかすための苦し紛れのコメントでした。

アーケード盤

アーケード版はこんな感じです。
昆虫が敵キャラのシューティングは、すでにギャラガが発表された後であり、目新しさはありませんが、画面がスクロールして自機が画面上360度移動できるのは進化を感じます。

私は今回この記事を書くにあたって、この動画を見るまでアーケード版エグゼドエグゼスはやったことがないと思っていました。

しかし、これゲーセンでやった事あるわ!と思い出しました。

それくらいファミコン版とはクオリティの違いがあり過ぎるくらいあります。
それにしても何十年も気付かなかったとは・・・

あの背景のカメの甲羅みたいなのが良い味だしてたんだよな。
ちゃんと地上から浮遊して見えてたし。

ところで最近PCのOSをwindows10にバージョンアップしたのですが、もうこれが余計な機能が多すぎて重いのなんのって!
そこで思い出したのがこのエグゼドエグゼスだったとさ。

エグゼドエグゼス攻略動画

スポンサーリンク