メトロクロス【FC】哀愁の障害物レース

アクション

メトロクロスは、アーケード版からの移植されたジャンプして障害物を避けながらゴールするシンプルなアクションゲーム。
ファミコン版ではアレンジされ新キャラクターやアイテムが追加されている。

機種ファミリーコンピュータ
メーカーナムコ
ジャンルアクション(横)
発売日1986年12月16日
価格3,900円
容量512KB
スポンサーリンク

ゲーム概要

時間制限のある右横スクロール式アクションゲーム。

プレイヤーは、主人公である『傷だらけのランナー』を操作して障害物のあるステージを制限時間内にゴールを目指す。

ラウンド内には緑色の床になっているスリップゾーンや落とし穴、ハードル等のさまざまな障害物が置いてある。
ランナーができる事はジャンプのみで攻撃はできない。

1ステージは4つのラウンドから構成され3ラウンドをクリアすると4ラウンドの制限時間に前の3ランドの残りタイムが加算される。

全32ラウンド構成。

ゲームクリア

制限時間内にゴールできればラウンドクリア。エンディング後にラウンド1に戻りループ。

ゲームオーバー

ゴールする前にタイムがゼロになると即ゲームオーバー。

メトロクロス (Metro-Cross) CM

コントローラー操作

十字ボタンランナーの移動
Aボタンジャンプ
Bボタンスペシャルドリンク
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタンゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

パワーアップアイテム

アルミカン

蹴ればボーマス、上から踏みつぶすとタイマーストップ。

スペシャル・ドリンク

ランナーがスピードアップ。
効果はスペシャルラウンド終了まで持続する。

スケートボード

スリップゾーンでも減速せずに移動できる。
ジャンプすると消滅する。

スーパーブーツ

一定時間、無敵になる。

スペシャル・ドリンクパック

通常のスペシャル・ドリンク2本分の効果。

BGM

楽しくも哀愁のあるジャズ風のBGMがおしゃれです。
ギャラガ、ドルアーガの塔などの初期ナムコの名作BGMを担当した大野木宣幸による作曲。

Metro-Cross (ARC) Music / メトロクロスの音楽

攻略動画

【FC】メトロクロス【エンディングまで】

ゲームレビュー

メトロクロスを一言で表現すると時間制限付き障害物レースゲームです。
ただし、レースと言っても競争者はなく傷だらけのランナーはずっとひとりでラストまで孤独に走り続けます。

プレイしてみて何か別のファミコンゲームに似ているな?と思っていたらエキサイトバイクでした。
あちらはバイクでこちらは人力ですが右スクロールの障害物レースでジャンプ台まであるという共通点がいくつかありますね。

『傷だらけのランナー』は、記憶を失っており、なぜ自分がこんな事をしているか分からないまま脱出を目指してひたすり走り続けます。ゴールした後に膝を曲げ息を切らすその姿が妙に哀愁があって印象の残ります。

メトロクロス ゴールイン

評価できる点

とにかく分かりやすくシンプルなゲームなので誰でもすぐにプレイできます。ただし難易度はやや高めです。

マイナスな点

この時代のゲームだから仕方ない面もありますが、ストックがある残機制ではなくワンミスで即ゲームオーバーなのは厳し過ぎますね。

それと内容がシンプルなだけに飽きがきやすい。

独断評価チャート

メトロクロスの評価チャート

まとめ

ステージ構成は決まっているので典型的な覚えゲーですが、かなり反射神経も使うのでプレイヤーの年齢が高くなると厳しいかも知れません。

しばらくするとまた遊びたくなる妙な魅力があるゲームです。

created by Rinker
ナムコ
¥1,180 (2024/07/13 21:47:50時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました