ピンボール シンプル過ぎて逆に奥が深い?【FC】

総合評価
ピンボール ファミコン
機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
ジャンルアクション
発売日1984年2月2日
価格3,800円
累計売上?本
容量192キロビット
スポンサーリンク

ファミコン黎明期のシンプルなゲーム

上下2画面で下画面からスタートしてボールを打つとスロット機能の上画面へ移動。

下の画面にボールが落ちると今度はポーカー機能のある画面になり、3つあるタマゴを全てヒヨコに変えると画面両端に落下防止用のストッパーが出現する。

ボールが一番下に落ちてしまうとワンミス。

Aタイプは初心者用、Bタイプは上級者用で違いはスピードの違いのみ。

コントローラー操作

十字ボタン左側レバーの操作
Aボタン右側レバーの操作
Bボタン 使用しない
セレクトボタン モード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

マリオが登場するボーナスステージ

マリオが上部に幽閉されているレディを救出するブロック崩し風ミニゲーム。

マリオが落下してくるレディを受け止めるとボーナス、落としてしまうとボーナスステージなのにワンミス。

せっかく救出したのにまた自分から閉じ込められるレディって・・・

BGM

ボーナスステージ以外はゲーム起動時のBGMのみでゲームプレイ中は一切の音楽なしのファミコン初期のデフォ設定なのはちょっと寂しい。

ゲームレビュー

ピンボール、大昔のゲームセンターにあったあのゲームを家庭で楽しめるようにしたのがこのソフトです。

そのままって感じでなくカードゲームやスロット、マリオのブロック崩し的なボーナスステージ等、ミニゲームを要所に挟んだ点が心憎い点です。

ごく初期のソフトなので定価が3,800円という安さでのちにディスクシステムで500円で書き換えも可能でした。

十字ボタンで左レバー、Aボタンで右レバーという操作方法がかなり独特で慣れるまで少し時間が掛かるかも知れません。

いったんハマってしまうと結構ヤバイんですよね。

エンディングとかラスボスがいる訳じゃなく終わりがないから、本当にハマっちゃうと何時間でも 黙々とずっと続けられてしまう。そう考えると恐ろしいゲームです。

実は隠れた人気タイトルで現在でもバーチャルコンソールで配信されており、スーパーファミコンでもスーパーピンボールとして発売されました。

独断評価チャート

ピンボールの評価

コメント

タイトルとURLをコピーしました