ミシシッピー殺人事件/FCクソゲー

船上を舞台に起きた殺人事件を名探偵チャールズ(誰?)と助手のワトソン君(パクリ)が解決していくアドベンチャーゲームです。

なんて前置きはなくてもこのミシシッピー殺人事件をプレイした人ならみんな知っている。
突っ込みどころ満載の伝説のクソゲーだという事を。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ジャレコ
  • ジャンル: アドベンチャーっぽいクソゲー
  • 発売日: 1986年10月31日 

十字キー: 移動、カーソル移動
Aボタン: コマンド表示、コマンド実行の決定、物的証拠をとる、メモしない
Bボタン: 物的証拠をとらない、メモする

ミシシッピー殺人事件ゲームストーリー

セントルイスをでて
広大なる ミシシッピー川をくだり
ニューオーリンズへとむかう
外輪船デルタ・プリンセス号
その一等船室では
探偵 チャールズが
助手の ワトソンをつれて
乗り込んでいます
さわやかな 6月のある日...
暖かい風が 旗を はためかせています
エンジンはドンドンと音をたてて
人々を元気ずけているかのようです
リバーボートは 孤立した世界だったが
全てが 心地よかった
こんな素晴らしい日に 誰が
殺人などという 恐ろしい出来事を
考えられただろうか
チャールズが 船室に着いた時には
まさか 自分が
このリバーボートで起きた
殺人を 解決しなければいけなくなるとは
思いもよりませんでした

ミシシッピー殺人事件の裏技

◎ワトソン一人で歩く
部屋を出て右端に突き当たるまで進む、右端から上に進み、画面が切り替わったらチャールズを左向きにする。
十字ボタンの少しだけ押す。成功するとワトソンが右へ一人で歩く

ゲームレビュー

ミシシッピー殺人事件を新品で購入した中学生の時の私はワクワクしていました。

すでにファミコンでアドベンチャーゲームと言うジャンルが、ポートピア連続殺人事件などにより確立しており、アドベンチャーゲーム=面白くやりがいのある謎解きだと思っていたのです。

しかしその期待は開始5分もしないうちに裏切られるのでした。

早速船内で捜査を開始すると「うぁー・・・」という力ないセリフとともに毎回あっさり死んでしまうチャールズせんせい。
「あ!!!せんせい!!」と言いながら全然助けてくれずに説明的なセリフを始めるワトソン。

だけどね、どれだけ説明されても船の中に落とし穴を掘れたり、ナイフが飛んでくる罠を仕掛けたりと到底納得は出来ないのでした。

謎解きに関しても何でこのアイテムがここに落ちてるんだとか、攻略本を見ないとまず分からないような箇所が満載です。

容疑者に聞き込みというのがアドベンチャーゲームの基本ですが、ミシシッピー殺人事件の場合、同じことを2度聞いても「もういいました」と言うのみで教えてくれません。

つまり1度話した内容はメモを取り損なうと2度と分からなくなりクリアが不可能になります。

「もういいました」ってもう1度話してくれても良いじゃないか_| ̄|○ il||li
と当時のユーザーは肩を落としたものでした。

今となっては、誰が犯人だかストーリーがどうだったかは一切覚えておりません。
こんなゲームを定価で買わされたダメージはデカかった・・・

これはアドベンチャーゲームと言うよりもクソゲーというジャンルと言っていいと思います。

posted with カエレバ

ミシシッピー殺人事件の動画

完全攻略

BGM


PAGE TOP