燃えろ!!プロ野球【FC】キング・オブ・スポーツクソゲー

燃えろ!!プロ野球

ファミスタの成功に便乗して?生まれたジャレコのプロ野球ゲーム。

音声合成チップ内蔵や1チーム登録選手30人で130試合のペナントレース等のリアル志向は良かったけど、突っ込みどころは満載。

これぞキング・オブ・スポーツクソゲーの代表、燃えろ!!プロ野球だ!

機種ファミリーコンピュータ
メーカージャレコ
ジャンルスポート
発売日1987年6月26日
価格5,500円
容量1.5M
スポンサーリンク

ゲーム概要

ファミスタとは反対側であるプロ野球中継と同様のピッチャーの背中越しにバッターを見るアングルで対戦します。

選手名はほぼ実名登録で特徴的なフォームまで再現。
音声合成チップにより実況やアンパイヤの声が再現されるのは当時としては画期的でした。

コントローラー操作

十字ボタン移動・コース決定
盗塁・進塁・帰塁
上 ホームベース
左 1塁
下 2塁
右 3塁
Aボタン決定ボタン
守備
投球、送球、けんせい球
攻撃
スイング、帰塁
タイム
選手名出す
Bボタン守備
守備画面出す
ベースタッチ、ジャンプ
攻撃
リード、盗塁走塁、バント
タイム
キャンセル
セレクトボタン使用しない
スタートボタンゲーム決定、タイム

バグの数々

本作、燃えろ!!プロ野球がクソゲーとしての地位を獲得したのが数多くのバグの存在だった。

  • ホームランバッターは、バントしてもホームランになる
  • ファールの後はクソボールでも必ずストライクになる
  • スリーバント失敗で次の打者がスルーされる

ゲームレビュー

プロ野球関連のゲームなら何でも売れるって時代がありました。
燃えろ!!プロ野球が発売されたのもまさにそんな時期でした。

ファミスタで成功した3D表現を今度はピッチャー側、つまりプロ野球中継と同じアングルにしたと言うのが斬新でしたね。

あとは音声合成チップにより実況やアンパイヤがしゃべるってのに当時はびっくりしたもんですね。
妙な臨場感とリアルさがあるって言うか。

ただ肝心のゲームバランスが著しく悪かったのも確かでした。

バントした打球がホームラン

特に有名なのが長打力のある強打者のホーナー選手などがバンドをしても打球がそのままスタンドインしてホームランになってしまうという衝撃のバッティングは伝説となっていますね。

デッドボールで乱闘

まさかファミコンでこんな凝った演出ができるとは!?と衝撃ではありましたが、見慣れてしまうと結構メンドくせーなって感じでした。

まとめ

このゲームは当時のジャレコが、少人数で約半年で製作したそうです。

このゲームの何が一番クソゲーかと言うと試合時間が異常に長すぎることに尽きます。
ファミスタだったら15分くらいでサクっと友達と1ゲームできるのに1時間近く時間がかかるのもザラでした。

最後に説明書にはこう書いてありました。

ゲームに登場する球団名・選手名はすべてフィクションであり、実在の球団・選手とは何ら関係はありませんので御了承下さい

いや、どう見てもそのまんまの球団と選手なのにこれが通用したんですね。

非常にユルイ作りのゲームながら当時はこれで良かったのでした。

燃えろプロ野球

燃えろプロ野球

3,644円(02/03 18:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
3DS版ダウンロード
燃えろ!!プロ野球 [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]
WiiU版ダウンロード
燃えろ!!プロ野球 [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

燃えろプロ野球の攻略動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました