イーアルカンフー/FC-アクション

コナミが発売したファミコン初?の対戦型格闘ゲーム。
中国風のマヌケなBGMと効果音、うさんくさいキャラ達、そして何よりもイーアルカンフーと言ういい加減なタイトルが良い味出してる。

イーアルカンフー

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: コナミ
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1985年4月22日

イーアルカンフーゲームストーリー

ときは中国清朝も末期。カンフーの達人“李”は、中国全土で悪業をかさねるチャーハン一族撲滅のため、彼らの城である「メンマの塔」へと、のり込むのであった。 しかし、リーの行手には、次々と強敵が立ちはばむ、はたしてリーは、チャーハン一族を倒し、中国に平和をとり戻すことができるか。アチョーッ!

基本操作
十字キー左右: 移動
十字キー上: ジャンプ
十字キー下: しゃがみ
Aボタン: 中段パンチ
Bボタン: ローキック

必殺技
下段パンチ(十字キー下+Aボタン)
足払い(十字キー下+Bボタン)
ハイキック(十字キー左右+Bボタン)
とび蹴り(ジャンプ中にBボタン)

対戦相手はたった5人!
しかしその相手が棒術だったりチェーン使いだったり火の玉を吹いたりとなかなか個性的で良く出来ています。

  • 棒術使い「王(ワン)」
  • 火炎術師「桃(タオ)」
  • くさり使い「陳(チン)」
  • シュリケン使い「藍(ラン)」
  • 謎の男「呉(ウー)」

攻撃にはちゃんと上段、中段、下段と打ち分けがあります。
ただし防御コマンドはなしで2P対戦も出来ません。

動画を見ても分かるとおり3分足らずで一周出来てしまいます。
良くこんな単純なゲームを真剣にやっていたなーと今更ながら思いますが、当時は本当に楽しかった。

特に壁に向かってジャンプして相手に切り返しキックする三角飛びをマスターする為に当時のユーザーはやりこんだものでした。

カンフー物というくくりでは、スパルタンXとの比較をするとスパルタンXが塔をクリアするスクロールアクション物なのに対してイーアルカンフーは、純粋な対戦格闘ゲームなのです。

それを踏まえるとスト2の原型はどう考えてもイーアルカンフーですよね。

posted with カエレバ

イーアルカンフーの動画


PAGE TOP