スーパーファミスタシリーズ ファミコン版から進化した野球ゲーム【SFC】

総合評価
スーパーファミスタ

ファミコンの野球ゲームで革命を起こしたファミスタシリーズのスーパーファミコン版がスーパーファミスタシリーズです。

ファミコン時代のファミスタからどれだけ進化したのでしょうか?
実際にプレイしたソフトを中心にまとめました。

スポンサーリンク

スーパーファミスタ

スーパーファミスタ1

ファミスターシリーズのスーパーファミコン版第1弾ソフト。
キャラクターはほぼ同じながら細かい演出や音声が大幅に向上した。

機種スーパーファミコン
メーカーナムコ
ジャンルスポーツ
発売日1992年3月27日
価格?
累計売上?本

ゲーム概要

本作から日本野球機構(NPB)から正式に球団名・選手名について実名使用のライセンスが受けられるようになり、球団名についてはシリーズで初めて実名化となりました。

守備側チームの選手がベンチから各ポジションに散っていく映像や、試合終了後にはプロ野球ニュースの映像画面も表示されるようになりました。

プレイヤーは、公式戦、紅白戦、オールスター、ドラフト会議、からモード選択してプレイ。

試合終了後にはプロ野球ニュース、そしておなじみのナムコットスポーツに試合結果が掲載される。

球場

試合が行われる球場は以下の3球場から選択が可能。

  • ドーム 東京ドームがモデル
  • マリン 千葉マリンスタジアムがモデル
  • ろっこう 甲子園がモデル

コントローラー操作(シリーズ共通)

十字ボタンピッチング:球種の指定 上下 高さの調節
守備:選手の移動、送球の塁指定
Aボタンバッティング、ピッチング、送球、帰塁
Bボタン走塁、タッチプレー、牽制球のモード切替
LRボタンバットを持つ長さの調節
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタンタイムの宣告・解除

ドラフト会議

初代スーパーファミスタオの最大の特徴がドラフト会議に参加できる点です。
プロ野球ファンなら誰でも1度はやってみたいドラフト会議のくじ引きにも挑戦できます。

2巡目まで指名できて指名が重複した場合は抽選となります。
獲得した選手は即スタメンで起用できます。

スーパーファミスタドラフト会議

ゲームレビュー

スーパーファミスタは、1992年に発売されたので1991年シーズン終了時のデータを元に制作されています。

この年にセリーグで優勝した広島カープでは、まだ前田や江藤が若手の時代です。

LRボタンを使ってバットの長さを調節ができるようになった以外はファミスタと比べても大きな操作方法に違いはありませんが、確実にコンピューターが賢くなっており、ファミコンに比べて簡単に勝てないようになっています。

スーパーファミスタ4

スーパーファミスタ4

人気プロ野球ゲーム、ファミスタのスーパーファミコン版第4弾。
入団テストや野次など本作から新たに加わった要素も多く楽しみが多い野球ソフト。

機種スーパーファミコン
メーカーナムコ
ジャンルスポーツ
発売日1995年3月3日
価格10,450円
容量16MB

ゲーム概要

プレイヤーは、一戦勝負、三回勝負、リーグ戦、オールスター、入団テストの各モードから選択。

12球団のホームグラウンドをモデルとした球場の選択やオプションで野次のありなしを選択する事も可能になった。

入団テスト

スーパーファミスタ4の特徴のひとつがこの入団テスト。

プレイヤーは、オリジナルの選手を作成しベースランニングをする走塁テストから始まり、打撃テスト、HRテスト、守備テスト、投球テストの総合ポイントで入団できるかの合否が決まる。

合格するとそのチームの選手として登録される。

BGM

オープニングテーマがかなりカッコ良いです。
ゲーム開始前の設定時や入団テスト、オールスター等のBGMも軽快でセンスを感じる曲がそろっています。

試合中の応援歌もファミコン時代に比べてトランペットが加わり迫力と臨場感がでています。

オプションで野次の項目を『あり』に選択、チームはナムコスターズを選択、球場はナムコ球場を選択するとラリーXやゼビウス等のナムコの懐かしのBGMが応援歌になります。

スーパーファミスタ4の裏技

監督を代打に起用

延長戦で代打をすべて使い切った状態で代打を選択するとそのチームの監督が代打で使える。

裏チーム

ナムコスターズを選択してLRボタンを押しながらカーソルを右に移動すると裏ナムコスターズ、
ドリームスを選択してLRボタンを押しながらカーソルを左に移動すると裏ドリームスが選択できる。

ゲームレビュー

ファミスターシリーズは大好きで88年版まではよく遊んでましたが、それ以降はほとんど遊んだ記憶がありません。
当然、スーパーファミコンになってからのスーパーファミスタもゲームショップ勤務時代に同僚とちょっと遊んだかな?という程度でした。

このスーパーファミスタ4は、最近ブックオフで110円で売られていたのを見つけて購入しました。

発売が1995年春だから1994年シーズン終了時のデータですね。
この時代くらいだと2020年代の監督とかコーチをしている人の多くが現役だった時代なんですよね。

当時を知っている世代には懐かしく、知らない世代には監督の選手時代の成績とかひいきのチームの打順やチーム編成を知るのはプロ野球ファンとしては、なかなかオツなのではないでしょうか。

購入時に説明書は付いてなかったので、いきなり始めましたが、基本的な操作方法は昔のファミスタのままだったのですんなりプレイできました。

やっぱりこのちんまりした選手のキャラと分かりやすいシンプルな操作方法が魅力です。

ただこのスーパーファミスタ4には致命的な欠点があり、ピッチャーがスローボールを投げた時にバッターのスイングが遅めで空振りするとボールと判定されてしまいます。

本作からピッチングに高さの概念を取り入れています。このあたりはライバルのパワプロの影響なのでしょう。

最近では実写を取り入れたりリアルを追求した野球ゲームが主流ですが、スーパファミスタ4をプレイしてみて「やっぱり野球ゲームはファミスタだよな!」と再確認したのでした。

スーパーファミスタ4の評価チャート
created by Rinker
ナムコ
¥134(2021/12/06 14:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

スーパーファミスタ4の動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました