ディープダンジョン 魔洞戦記/FDS-RPG

ひたすら地味な3D画面の地下を歩き回りモンスターを倒す。ただそれだけなのに妙にハマってしまうRPGのディープダンジョンシリーズ第1弾ソフト。

ファミコン初の3DダンジョンRPGシステムの採用は、あのデジタルデビル物語女神転生よりも早かった!

  • ハード: ディスクシステム
  • メーカー: スクウェア
  • ジャンル: 3DRPG
  • 発売日: 1986年12月19日

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

プレイヤーである勇剣士ラルが、エトナ姫をさらったドールの街の地下深くに住む魔王を倒し、エトナ姫を取り戻す事が最終目的となります。

ディープダンジョン魔洞戦記ゲームストーリー

平和な街、ドールの地下はいつの頃からか、魔物たちのすみかとなっていた。 魔物たちは街を荒らし回り、宝を奪いエトナ姫の魂まで奪い去り、姫はただ眠るだけの抜け殻となってしまった。 沢山の若者たちがエトナ姫の魂を奪い返すため、地下に降りていったが、誰一人戻る者はいなかった。 あの勇剣士ルウさえも!、後はもう神に祈るだけだ。神よ!、エトナ姫を救い、街をよみがえらせる勇士を!

コントローラー操作

十字キー : 移動、選択
Aボタン : 決定
Bボタン : キャンセル

魔法

主人公である勇者は直接は魔法が使えない。
ショップで売っている道具を購入したりすることで魔法が使える。

パン-ハイト-
食べる事で体力が回復する。
レベルUPすると、回復するHPもUP。
聖水-ポウアス-
これを飲むと、体内に入った毒を消すことができる。
小石-フウ-
攻撃できる魔法の小石。
敵に投げつけると一直線にとんでいき手元に戻ってくる。
香料-ドルマ-
スリープ系の魔法。
魔力をおびた香りを放ち、敵を眠らせてしまう。
コンパス
自分の居場所が座標で表示される。
ダンジョン深く潜入する時は必須の道具。

BGM

同時期に発売されていたファミコンRPGのBGMと比べると面白みがなく無機質。
ただ戦闘シーンは妙に焦らされるかなりの名曲。

スポンサーリンク

ディープダンジョンの裏技

王様に会う度にHPが全快する

名前を「どっぐ」か「すくうえあ」と入力する。

王様に会うと1回だけHPが全快して「パン」と「聖水」が9個もらえる

名前を「らふ゜らす」と入力する

必ず必殺の一撃で攻撃

ⅡコントローラーのAボタンと方向キー右を押しながら「たたかう」を選択

ゲームレビュー

当時まだまだマイナーメーカーだったスクウェアのディスクシステムだからこそ実現できた意欲的なRPGでした。

全体的に大人向けなムードが漂っており、ひたすら暗い洞窟をうろつく展開やキャラクターデザインもゼルダやドラクエに比べると愛想がなく小学生には怖く感じました。

しかもずっと地下迷宮内をウロウロするのみの自分目線の3D画面なので閉塞感が半端なかったです。

このゲームは、ダンジョン内の扉を開けながら移動するのですが、その手段が「とびらをけりあけ なかにおどりこんだ。」 と表示されるので毎回扉を蹴り開け続けているのです。
いやーワイルドですね。

扉を蹴り開ける

『ルウの剣』とか明らかに『ロトの剣』を原型にしたりアイテムや魔法の名前がドラクエリスペクト(パクリ?)もあったのですが、ゲームシステムはドラクエとは全くの別物の硬派路線です。

タイトル通りのディープさに投げ出したユーザーも多かったと思います。

敵の出現が独特

かなりの頻度で敵に遭遇してエンカウント率は高いです。

なぜなら普通に立ち止まっているだけでどんどん敵が襲ってくるからです。

反対に歩いていると出現しないので通常のRPGとは逆になっています。

ゴミあさりをする勇者

ゴミの山をみつけた

ダンジョン内には、数箇所のゴミの山があり、調べると宝の山か敵が出現します。

これを利用して手っ取り早くお金と経験値を稼ぐ事が可能なので、プレイヤーはせっせとゴミあさりをしたものでした。

ウィザードリィ類似ソフトとしては最高の出来?

現在まであらゆるゲームソフトがウィザードリィの雰囲気を出すために努力してきましたが、一番近いのがこのディープダンジョン魔洞戦記なのではないでしょうか。

ウィザードリィを原型にしたシステムは、現在のユーザー感覚だと不親切で理不尽な設定も多々ありますが、その面倒さが今となっちゃ逆に良かったりして。

好評だったためにシリーズ化され、基本的なシステムとキャラクターデータが次作のディープダンジョンⅡ勇士の紋章に引き継がれます。

ディープダンジョンの攻略動画

スポンサーリンク