少年アシベ ネパール大冒険の巻 攻略法不要の歯ごたえの無さ! FC

総合評価
少年アシベ ネパール大冒険の巻
機種ファミリーコンピュータ
メーカータカラ
ジャンルアドベンチャー
発売日1991年11月15日
価格4,900円
累計売上?万本
スポンサーリンク

アニメが原作のまさかのアドベンチャーゲーム

おもちゃメーカーのタカラから発売された人気アニメ、少年アシベの世界をゲーム化したコマンド選択式アドベンチャーゲーム。

夏休みを利用してアシベ一行がネパールに住む親友のスガオ君に会いに行くストーリーで3章仕立ての構成。

ファミコン後期のソフトの為、バッテリーバックアップ機能搭載。

コントローラー操作

十字ボタンコマンドの選択
Aボタンコマンドの決定
Bボタンコマンドのキャンセル
セレクトボタン使用しない
スタートボタン使用しない

コマンド

他のアドベンチャーゲームと比べてコマンド自体が少なく選択肢も少ないです。

はなす十字ボタンで話したい人を選んでからAボタン。
押し続けるとメッセージ早送り。
しらべる画面に映っているものを調べる。
十字ボタンで選択、Aボタンで決定。
とる画面に映っているものを、手に取ったり、もちものに加えたい時に使用。
十字ボタンとAボタンを使って決定。
もちもの十字ボタンでカーソルを使いたい物に合わせAボタンで決定。
いどう移動場所を十字ボタンで選択してAボタンで決定。

BGM

取り立てて印象に残るでもなく、さりげなく無難に挿入されているBGM.

まるでこのゲームを象徴するかのようです。

攻略法

攻略法も何も普通に遊んでいれば、ほぼ誰でも2時間程度でクリアできます。

ゲームレビュー

通常、アニメが原作のファミコンソフトの場合、ほとんどが横スクロールのアクションゲームになるのですが、この少年アシベ ネパール大冒険の巻に関しては、まさかのアドベンチャーゲームでした。

多分、それは発売時期が80年代ではなく91年とやや後期に入っていたというのもあったのでしょう。

無駄にバッテーリーバックアップ機能も搭載されていますが、コマンド選択がかなり限られており、ストーリーは一本道の為に2時間程度で特に難しい場面もなくクリアできてしまいます。

一応、ポートピア連続殺人事件に始まったお約束の3D迷路がありますが、そんなに迷うことも無く、謎解きと言えるような箇所もほぼありません。

アニメ版の視聴層の小学校低学年にターゲットを合わせた為にゲームの難易度がかなり低く設定されています。

良い点と問題点

アニメが原作がゲーム化した場合、キャラクターのグラフィックやキャラクターが原作と違っていて違和感を感じる事がありますが、このゲームに関してはもともとの絵がシンプルだったのが幸いしているし、登場キャラクターの言動も原作どおりでした。

そしてゴマちゃんの「キュー」という鳴き声も見事に再現されています。

基本しゃべないスガオ君とまおちゃんをちゃんと登場させてゲームとして成立させている所は評価できるかな。(アニメでもしゃべらなかった)

反対に原作を読んでない人にとっては理解できない場面が多いので楽しめないゲームと言えます。

そして何と言っても簡単にクリアできてしまうボリュームの無さです。

何しろアドベンチャーゲームだから1度クリアしてしまうとやり直す気にはなかなかなれません。

エンディングも『タカラ』と表示されるだけでエンドロールもなく実に味気なかったです。

まとめ

小学生以外でこのゲームが楽しめる層と言えるのは原作の少年アシベの世界観が好きな人です。

実際に私が単行本を全巻持っているほどの少年アシベのファンなのですが、アシベファミリーオールスターキャラ登場!といった感じで結構楽しめました。

created by Rinker
タカラ
¥5,800(2021/10/26 23:22:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました