ゲイモス ファミコンの限界に挑んだ意欲作だがエンディングはなかった FC

総合評価
ゲイモス
機種ファミリーコンピュータ
メーカーアスキー
ジャンルシューティング
発売日1985年8月28日
価格5,500円
累計売上?万本
スポンサーリンク

ファミコンでは珍しい3Dシューティングゲーム

ファミ通でおなじみのアスキーから発売された強制スクロールの3Dシューティングゲーム。

太陽系の惑星が全6ステージになっており、地球から始まり冥王星までグラフィックが変化します。

全ステージクリア後はエンディングはなく無限ループ。

  • ステージ1 地球
  • ステージ2 火星
  • ステージ3 木星
  • ステージ4 土星
  • ステージ5 海王星
  • ステージ6 冥王星

モードA

ゲイモスを上下左右に自由に操作して遊ぶモード。

モードB

ゲイモスは画面中央に固定され、バックスクリーンが移動していくモード。

コントローラー操作

十字ボタンゲイモスの移動
Aボタン地上攻撃クェーサーを発射
Bボタン空中攻撃パルサーを発射
セレクトボタン使用しない
スタートボタンスタート、ポーズ

フォボス

ステージの最後に登場するボスキャラ。

制限時間内に弱点である中央部分に弾を5発命中させないとステージの最初からやり直しになってしまう。

BGMもなく突然現れるから結構焦るし怖い。

これがトラウマになったちびっ子も多かった!?

BGM

音楽はゲーム開始時のBGMだけですね。

しかもなんかベースラインが素人くさいんだよな。

ゲイモスの攻略動画

ゲームレビュー

3Dシューティングとは言っても、そこはファミコン、敵の動きがギクシャクしているし、3Dゲームなんだけどスペック不足で遠近感が非常につかみにくいです。

ゲームの流れとしてはスクロールしてくる敵をこなす、フォボスを撃破、ステージクリアといった感じで非常に単純でギャラクシアンゼビウスを3D風にしたイメージです。

とは言え、当時の見下ろし型シューティングばかりの中で自分で戦闘機を操縦しているようなちょっとしたスターウォーズのパイロットにでもなったような感覚も当時ありました。

グラフィックも当時としては頑張っていて特に木星と土星が気に入っています。

当たり判定はかなり分かりにくいです。

こっちの弾が敵に当たったのかどうか・・・あれ?今敵の攻撃喰らったよな?みたいに曖昧なままゲームが進行していきます。

驚く事にこのゲームが当時としては、高額だった5.500円で発売されていました。

定価で購入した場合は失望ものだったかも知れませんが、コツさえつかめばすぐクリアできて飽きちゃうから今となっちゃネットで安価で入手可能なお手頃ソフトの定番となっています。

クソゲーだという意見もありますが、当時としては美しいグラフィックと攻めたゲームシステムに捨てがたい魅力があり、私は決してクソゲーではないと思います。

ゲイモスがなければスターフォックスもなかったとさえ思っているほどです。(ウソ)

ゲイモスの評価
created by Rinker
¥2,500(2021/10/26 23:22:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました