ベースボール【FC】ファミコン初の野球ゲーム!

ベースボール ファミコン

任天堂から発売されたファミコン初のスポーツゲーム。すべてのプロ野球ゲームはここから始まった。
タイトルはシンプルにベースボール

機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
ジャンルスポーツ
発売日1983年12月 7日
価格3,800円
容量192KB
累計売上?万本
スポンサーリンク

任天堂スポーツシリーズ第1弾

実在のプロ野球球団である当時のセリーグを元にした野球ゲーム。

COMと対戦する1PLAYと対人対戦する2PLAYがある。
トーナメントやペナントレース、パスワード機能はない。

架空のイニシャル球団(C・D・G・S・T・W)全6チームから選択してプレイポール。
選手の能力はすべて同じでどのチームを選んでもユニフォームの色以外に違いはなく戦力差もない。

投手にスタミナの概念がないのでいくら球数を投げても能力に変化はなく、代打やピッチャー交代もない。

右打ち左打、右投げ左投げの選手はプレイボール時にランダムに決まる。

守備は基本コンピューターにおまかせでたまにエラーをする事がある。捕球後の送球やタッチ動作のみプレイヤーが操作する。

コントローラー操作

十字ボタン攻撃時:打者の移動、走者の指定
守備時:球種の指定、塁の指定
Aボタン攻撃時:スイング、帰塁
守備時:ピッチング
Bボタン攻撃時:走塁
守備時:牽制球、送球
セレクトボタンモード選択
スタートボタンスタート、ポーズ

ベースボールの裏技

必ずGチームと対戦

リセットボタンを押しながらスタートボタンを押しリセットだけを離す。

魔球・超スローボール(カセット版限定)

ファミコン本体の端子部分に金属を押し当てながらピッチャーがボールの投げると
こんなの打てるか!っていうくらいのヘナヘナなスローボール魔球が投げられるのですが、故障の原因になったので当時のファミマガとかでもこの裏技は絶対やらないで下さいとか注意していました。

まあそれでもやっちゃうんですけどね。
私の場合は果物ナイフの刃の部分を端子にくっつけて投げていました。

何回かやりましたが丈夫なファミコン本体のおかげで故障はしませんでした。

やっぱりやらない方が良いのでしょうね。
良い子はくれぐれも真似しちゃダメだぞ!

コントローラー1の上とジョイスティックの上を押しながら投球でも実現可能。

BGM

BGMが流れるのはオープニングの任天堂スポーツテーマと試合終了時だけです。
まあ昔のゲームだから仕方ない。

ゲームレビュー

ファミコン初の野球ゲーム、任天堂のベースボールが発売された1980年代当時の日本の国民的スポーツは何といっても野球でした.

地上波で野球中継がほとんどない現代と違いファミコン版『ベースボール』発売当時である80年代のプロ野球人気は非常に高かったのです。

今よりもドラフトが公平でFAなんかもなかったから戦力が平均化していて各球団に絶対的なエースがいた昭和のプロ野球ですが、選手の能力差はなくチームの戦力はまったくの平等。

私のまわりではバットをちょっと寝かせて打つ加藤博一打ちが妙に流行りました。

評価できる点

自分が応援するひいきチームを選んで楽しめる野球ゲーム。それだけで当時は十分でした。

マイナスな点

選手の長打力、走力などすべて同じ能力で個性はありません。
さらに守備がコンピュータ任せなのにランダムでたまにエラーをする、ライン際のライナーの打球はスリーベースになりやすい。

独断評価チャート

ベースボール(ファミコン)の評価チャート

まとめ

のちのプロ野球ゲームに比べると物足りないし問題点も多々ありましたが、かつてエポック社の野球盤を夢中で遊んだ当時の子供達には十分楽しめたのでした。

3年後にナムコからファミスタが発売されてからは一気に古くなりましたが、それまではファミコンの野球ゲームといえばベースボールでした。

created by Rinker
任天堂
¥107(2023/09/21 15:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

ベースボールの動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました