テニス シンプルゆえに奥が深いスポーツゲームの名作-FC

総合評価
テニス ファミコン

テニス・・・ただそれだけのシンプルなタイトルのファミコン初期の任天堂のスポーツゲームシリーズで初のテニスゲーム。

内容もシンプルながらついついやりこんでしまう名作。

機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
ジャンルスポーツ
発売日1984年1月14日
価格3,800円
累計売上?万本
スポンサーリンク

ゲーム概要

コンピュータを相手に1人で対戦するSINGLESとコンピュータを相手に2人で対戦するDOUBLESがあります。

試合は3セットマッチで、2セットを先取した方が勝ちになります。

対戦相手は5段階の強さに設定されていて、数が大きくなるほど強敵になります。

2人対戦モードやコートチェンジはありません。

コントローラー操作

十字ボタン移動
Aボタンスイング、サーブ
Bボタンロビング(山高ボール)
セレクトボタンSINGLESかDOUBLESの選択
スタートボタンスタート、ポーズ

BGM

他の初期の任天度のスポーツシリーズと同様に起動時のBGM以外はゲーム中のBGMは一切なしです。

攻略動画

ゲームレビュー

この『テニス』の発売当時の日本では、現在のように日本人でランキング上位に入るスタープレイヤーはいなかったので、まだテニスはマイナースポーツだったと思います。

また野球やサッカーと違って個人競技という点でもゲームとしては地味な印象になりがちで不利な条件がそろっていたのに任天堂はテニスを発売しました。

その結果、シンプルなゆえに奥が深く現在でも遊べるテニスゲームとなりました。

このゲームはボールを打つタイミングがほぼすべてです。

タイミングによって打球の方向もフォアハンドやバックハンド、ボレー、スマッシュなどが自動的に決まってしまいます。

と言うとつまらなそうですが、この感覚的な操作が妙に本物のテニスに似たリアルさとなっていて魅力なのです。

最初のうちはタイミングがつかめずに空振りばかり、そのうち慣れるにつれレベル1と良い勝負になり勝利する事は難しくないのですが、レベル3くらいになると結構強くてなかなか勝てなくなりました。

レベル6に至っては相当に手ごわく1ゲームも取れなかった思い出があります。

他のスポーツゲームと同様にやり込めば何とか勝てるのでしょうが、そこまではハマらなかったな。

意外と地味な演出が効いていて、審判がよく見るとマリオがやってたり、フォルト(ゲーム上ではフォールト)の時の効果音がちゃんと『フォルト』って聞こえるようになってたり工夫があります。

しかし、致命的な欠点はプレイヤー同士の対戦モードがない事でした。

対戦モードがない事で同じ任天堂スポーツシリーズのベースボールバレーボール、サッカー等と比べると盛り上がりが欠けたのが残念でした。

テニス ファミコンの評価
created by Rinker
任天堂
¥8,980(2021/10/26 10:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました