デビルワールド【FC】パックマンとの違いは?

アクション

デビルワールドはファミコン初期の難易度高めのアクションパズルゲーム。
何だかあの有名ゲームに似ているような?

機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
ジャンルアクション
発売日1984年10月5日
価格初期型:3,800円
後期型:4,500円
容量192K
スポンサーリンク

デビルワールドとは?

強制スクロール式ドットイート系アクションゲーム。

3場面が1ラウンド迷路に迷い込んだタマゴ怪獣タマゴンが、デビル・子デビル・メダマン・ボンボンにぶつからないよう、また炎で攻撃しながら撃退するゲーム。

迷路はデビルが一定時間ごとランダムに指した上下左右に1画面分強制スクロールする。

タマゴンは一旦、進行方向を決めてボタンを押すと壁につき当たるか次のボタンを押すまで通路に沿って自動的に進む。

2P同時プレイも可能。

FC『デビルワールド』1周クリア-235本目【Devil World】
ゲームクリア

1.画面上のボワボワ(ドット)をすべて消す。
2.画面にある4冊のバイブルを中央のデビルホールまで運ぶ。
3.ボーナスステージ。

全16ラウンド(46面)

ゲームオーバー

敵にぶつかったり、迷路と周囲の壁に挟まれるとワンミス。タマゴンのストックをすべて失うとゲームオーバー。

ステージ1

ステージ上のボワボワ(ドット)の上を通過して全て消すとステージクリア。
タマゴンは通路に置いてある十字架を取ると敵に対して炎を吐いて攻撃ができる。

ステージ2

画面4隅にちらばるバイブルを集めて、デビルホールに差し込むとクリア。
バイブルは1冊ずつしか持てないので、1冊ずつ運ぶ必要がある。

ステージ3

ボーナスステージ。

通路にある矢印を踏むことでスクロール方向を任意で変える事ができる。

6個のボーナスボックスの中に、1個だけタマゴの入っている箱があり、制限時間内にタマゴを見つけると、タマゴンが1匹増える。

このステージではミスをしてもタマゴンは減らない。

コントローラー操作

十字ボタンタマゴン移動
Aボタン炎を吹く(十字架かバイブルを所持時)
Bボタン炎を吹く(十字架かバイブルを所持時)
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

BGM

収録アルバム

初期のゲームなのでバリエーションは少ないですが、任天堂らしいセンスを感じるBGMですね。
ゲームオーバーになっても落ち込まずにまたすぐに始めたくなる楽しい音楽です。

[FC]デビルワールド(Devil World)BGM集

ゲームレビュー

このデビルワールドを一言で例えるとパックマンの進化形、任天堂版パックマンですね。
画面上のドット全てを減らすとクリアというのは同じなのですが、大きく違うのは画面がスクロールする事と敵に対して武器による攻撃ができるという2点です。

パックマンで1番不満だったのがパワーエサを食べない限り敵に攻撃できないという点でしたが、デビルワールドでは十字架を持っている限り、ずっと攻撃が可能です。

評価できる点

基本的なシステム自体はパックマンに非常によく似ていますが、独自の要素を取り入れた事でプレイした感覚は別のゲームになっています。

キャラクターはかわいく、初期のファミコンタイトルらしく老若男女問わず楽しめます。
炎で敵を倒すのが結構快感がありますね。

マイナスな点

何よりも一番の敵はスクロールする壁です。

画面がランダムにスクロールするのでそれに気を使ってないとタマゴンがあっさりと圧死してしまいます。この仕様によって逆にプレイの幅が狭まりパックマンよりも難易度が高く感じます。

この時代なので仕方ない事ですが、3ステージクリアすると似たようなステージの繰り返しとなるので飽きやすいです。

独断評価チャート

デビルワールドの評価チャート

まとめ

この時代のアクションパズルゲームとしては良く出来ているほうだと思いますが、まあ良くも悪くも初期のファミコンソフトといったゲームです。
任天堂のゲームにしては難易度が結構高めかな?

created by Rinker
任天堂
¥60 (2024/05/24 07:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました