ラビリンス魔王の迷宮 映画を元にしたBGMが素晴らしいアクションゲーム【FC】

ファミコン版ラビリンス魔王の迷宮
機種ファミリーコンピュータ
メーカー徳間書店
ジャンルアクション
発売日1987年1月7日
価格4,900円
累計売上?万本
スポンサーリンク

ゲーム概要

ファミリーコンピュータマガジンの販売元である徳間書店から発売された1986年に公開のデヴィッド・ボウイ、ジェニファー・コネリー出演の映画『ラビリンス魔王の迷宮』を原作とするファミコン用オリジナルアクションゲーム。

と聞くといかにもクソゲーっぽいですが、実は隠れた名作ゲーム。

ラビリンスという同名のボードゲームとは一切関係がありません。

全部で13面で構成されており、主人公のサラが13時間以内に弟のトビーを魔王ジャレスから救出するのが目的。

コントローラー操作

十字ボタン移動
Aボタン石を投げる
Bボタン仲間の位置調整
セレクトボタンメニュー画面
スタートボタンスタート、ポーズ

BGM

オープニングとエンディング曲は、デヴィッド・ボウイのオリジナル楽曲。

他のBGMの多くも有名作曲家トレヴァー・ジョーンズが作曲した映画版の楽曲を元に制作されているのでクオリティは高いです。

映画版とファミコン版を比較した音源があります。
いかにこのゲームが映画版の音楽を忠実に再現しているかが分かります。

ゲームレビュー

徳間書店と言えば、クソゲーを連発していたメーカーとして広く知られていた時期にこのゲームは発売されました。

外国映画が原作のファミコンゲームと言えば、グーニーズスパルタンXなど結構ありますが、そのほとんどが主人公の名前だけ借りてきてストーリーは別物だったりします。

しかし、このラビリンス魔王の迷宮では、主人公である普通の少女サラが13時間以内に弟のトビーを救うために魔王の迷宮に飛び込むというストーリー展開は原作とまったく一緒です。

発売元メーカーは徳間書店ですが、開発は当時の新興メーカーだったアトラスが担当しています。

実は、のちに女神転生シリーズで知られるアトラスの主力となるスタッフがこのゲームを担当しているだけあってなかなかの出来なのです。
そういえば、女神転生とはダンジョン物という共通点がありますね。

主人公のサラの攻撃方法は、ただひたすら石を投げるだけ。
しかも連投はできない。

ジャンプも出来なければ、普通の人間なのでアイテムがなければこれといった特殊能力もなし。

基本的に敵には石を投げつけて、逃げまわるしかありません。

アクションゲームですが、時間制限付きのライフ制であり、13時間のタイムリミット内ではプレイを続ける事が可能です。

敵の攻撃を受けると残り時間がどんどん減っていきます。

評価できる点

残り時間=ライフという設定はかなりユニークです。
だからうまいことやればかなり長いことゲームオーバーにならずに遊べます。

この独自のシステムが他のソフトにはない個性となっており、映画同様のスリルも味わえます。

マイナスな点

基本的にノーヒントなので同じエリアを堂々巡りしたり、アイテムの効果が分かりにくかったりと不親切な点が多々あります。

まとめ

『ラビリンス魔王の迷宮』のようなファンタジー物のゲームだとRPGになりがちですが、あえてアクションゲームにした事により、このゲーム自体の存在感が増したのではないでしょうか。

クリアするのは生半可ではありませんが、やりがいがあるゲームです。

独断評価チャート

ラビリンス魔王の迷宮の評価チャート
created by Rinker
徳間書店
¥908(2022/12/05 20:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

ラビリンス魔王の迷宮の攻略動画

攻略サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました