ゴルフJAPANコース/FDS-スポーツ

スポンサーリンク

ディスクシステムのシャッター付青色ディスク対応ソフト第1弾になるゴルフゲーム。
ディスクファクスを使って全国ランキングトーナメントが開催された。

  • ハード : ディスクシステム
  • メーカー : 任天堂
  • ジャンル : スポーツ
  • 発売日 : 1987年2月21日
  • 定価 : 3,500円
  • 累計売上げ : ?万本

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

ファミコンカートリッジ版ゴルフを踏襲して主人公をマリオにしたディスク版ゴルフゲーム。

1人用は、ストロークプレイで強さは7段階のコンピュータと対戦形式。
2人用は、マリオ(1P)とルイージ(2P)のマッチプレイ形式。

全18コースでアウト9、イン9のパー72構成。

コントローラー操作

十字キー左右 : 方向変更
Aボタン : スイング開始・パワー決定・インパクト決定
B+上下 : クラブ変更
B+左右 : スピードスピード変更
SELECT :スイング練習
START : グリーン・成績確認

全国トーナメント

青色のシャッター付きディスクカード(FSCカード)のみで参加可能な大規模な全国トーナメント。

日本全国約400箇所の販売店舗に設置された「ディスクファクス」を利用してデータの送信はファックスのシステムを応用して行われた。

ユーザーはスコアをディスクカードにセーブし、任天堂のホストコンピュータにデータを送信し手作業でまとめて受信していた。

入賞者の特典

記念盾

上位100名の入賞者のみがもらえた。

オリジナルコースが収録されたゴールドディスク

上位100名の入賞者と101位以下の参加者にも抽選で5000名がもらえた。

コースの難易度は通常より高く設定されていて、タイトル画面には大きく「入賞」と書かれていた。

ゲームレビュー

このゴルフJAPANコースの何が画期的かと言うとファックスの通信機能を利用した全国ランキングシステムでした。

それはまだインターネットのないこの時代ならではののんびりしたものでした。

ゲームシステムはファミコン版のゴルフとほぼ同じですが、キャラクターがマリオになりBGMが付いたことでポップな印象になりました。

難易度は任天堂のスポーツゲームらしく、操作に慣れて練習すれば誰でもそれなりに楽しめるレベルでした。

それにしても子供向けのメディアでゴルフの全国大会とは、まあこれも時代なんでしょうね。

ゴルフJAPANコースの動画

スポンサーリンク