ソンソン(SONSON)/FC-アクション

カプコンがまだ弱小メーカーだった頃に発売された西遊記をモチーフとした強制横スクロールのアクションゲーム。

ほぼ単純なシューティングゲームでありながら中国風のBGMが心地よく、ついついやりこんでしまう。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: カプコン
  • ジャンル: 
  • 発売日: 1986年 2月 8日

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

プレイヤーは、ソンソン(サル)、またはトントン(ブタ)を6段に区切られた画面を強制スクロールしながら縦横無尽に操作してクリアを目指します。

攻撃はどちらもワンショットのみで敵キャラクターや敵の攻撃物に当たると即1ミスとなります。

コントローラー操作

十字キー : 上下左右の移動
ABボタン : 攻撃

BGM

西遊記がモチーフなので当然、中国風のBGM。
印象的な名曲です。

ソンソン(SONSON)の裏技

スピードアップ

コントローラー1のスタートボタンを押しながらリセットボタンを押す。デモ画面でずっとスタートボタンを押したままにする。

無敵

タイトル画面でコントローラー2の十字ボタンの下を押したまま、コントローラー1のAボタンを36回、Bボタンを6回、Aボタンを10回押してからスタートする。

ゲームレビュー

ソンソンは西遊記ってモチーフが子供心に良かったのか新品で購入しましたねぇ。

とは言ってもキャラクターが孫悟空をもじったソンソン、相方は猪八戒をもじったトントン(確かこの頃にパンダの子供トントンが誕生したような?)

非常にシンプルなゲームですが、段を自由に上から下まで移動出来るのが結構楽しかったですね。

ファミコンの限界に挑んだソフト?

このゲームの特徴として敵キャラが多く出現すると画面がやたらと重くなっったり点滅してしまう欠点がありました。

アクションゲームでこれが起きると著しくゲーム性が落ちてしまうのが非常に残念でした。

とにかく登場する敵の数がやたらと多いので処理速度が追いつかずにどんどん遅くなります。

2人同時プレイだとさらに重くなり操作性はかないヤバイ事に・・・

このソンソンからファミコンの処理速度の限界を学んだプログラマーもいたのかも知れません。

ソンソン

ソンソン

Amazonの情報を掲載しています

ソンソン(SONSON)の攻略動画

スポンサーリンク