ドンキーコング/FC-アクション

ドンキーコングの発売日の1983年 7月15日というのはファミリーコンピュータ本体と同じ発売日。
そうドンキーコングはファミコン第1弾ソフトだったんですよね。

あのゲーセンでさんざんプレイしたドンキーコングが家庭で遊べる!というのはかなりインパクトがありました。

ドンキーコング [FAMILY COMPUTER]

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: 任天堂
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1983年 7月15日

スポンサーリンク

目次

ゲーム概要

ドンキーコングにさらわれたレディをマリオが助け出すゲーム。
全部で3面しかなく3面以降は再び1面に戻るループ構造になっている。

1.2面

マリオがレディの側までたどり着くとクリア。

3面

鉄骨の中にある黄色い栓を全て抜くとクリア。

1UP

20000点でマリオの残り人数が1UP。

ゲームストーリー

ドンキーコングがレディをさらって建設中のビルに逃げ込みました。
レディを助けるためにマリオもビルの中に入りましたが、ドンキーコングの妨害にあって、なかなかレディに近づけません。
さあ、マリオはレディを助ける事ができるのでしょうか………。

コントローラー操作

十字ボタン…移動orハシゴの上り下り
Aボタン…ジャンプ
Bボタン…未使用

BGM

ファミコンの中でも最も初期のソフトなので古き良き時代のBGMといった趣があります。

収録サントラCD

ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナルサウンドトラックス VOL.1

ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナルサウンドトラックス VOL.1

ゲーム・ミュージック
2,251円(12/12 23:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゲームレビュー

忘れもしない小学校の時に近所の友達の家で遊んだドンキーコングに衝撃を受けてファミコンを購入することを決意しました。

だってゲーセンでやったのとほぼ同じゲームが家庭用で楽しめるなんて当時は思いもしなかったですから。

ゲームとしては非常に単純で全3面とバリエーション不足でしたが主人公がハンマーを持つと強くなったりアイテムによる変化など今までのゲームにない新しさがありました。

そして何といってもマリオの登場第1弾ソフトでもありますね。
ただドンキーコングの製作の時点では、あくまでも主役はコングであり、この頃は『マリオ』って名前すらなかったらしいです。

そしてコングにとらわれの身になっていたのはピーチ姫でもなく『レディ』でした。

ドンキーコングの動画

全面クリア

スポンサーリンク