Mother 近代アメリカが舞台のやさしいRPG【FC】

Mother ファミコン

糸井重里が製作の提案をした事で話題になった任天堂を代表するRPGソフトの名作。
「エンディングまで泣くんじゃない」ってテレビCMのキャッチコピーが印象的でした。

機種ファミリーコンピュータ
メーカー任天堂
ジャンルRPG
発売日1989年7月27日
価格6,500円
累計売上?本
スポンサーリンク

ゲーム概要

ほとんどが中世が舞台の通常のRPGとは違い、1900年代のはじめのアメリカの田舎町を舞台とした異色のRPG。

剣と魔法は使わずに超能力(PSI)を使って敵と戦う点など個性的な設定。

パーティメンバーは最大で3人、戦闘システムはターン制で当時としては珍しかった戦闘のオートモードが採用されている。

コントローラー操作

十字ボタン移動
Aボタンコマンド決定
Bボタンキャンセル
セレクトボタン使用しない
スタートボタンゲームの開始

戦闘コマンド

オート―オート・モードを使う
ガード―戦闘をせずに防御
にげる―その場から逃げ出す
たたかう―PSIを使わずに武器だけで戦う
PSI―――PSIを使って攻撃や誰かを回復させる
グッズ――装備している武器以外のアイテムを使っての攻撃や、回復
チェック―敵の強さや、どんな攻撃に強いか、などのデータを調べる

オート・モード

戦闘の時のコマンド入力を省略して自動的に戦うモード。Bボタンでキャンセル。

PSI

超能力(PSI)は、通常のRPGの魔法の役割。

途中に出会う女の子も使えるが、男女で使えるPSIが違っている。

男の子 女の子)

PSI使用者効果対象
テレパシー心を読む全員
テレポーテーション空間瞬間移動味方全員
ライフアップα体力を回復する味方一人
ライフアップβ体力をかなり回復する味方一人
ライフアップγ体力を最大にする味方一人
ライフアップπ仲間全員の体力を回復味方全員
ライフアップΩ仲間全員の体力を最大に味方全員
ヒーリングα毒を消す味方一人
ヒーリングβマヒを治す味方一人
ヒーリングγ石化を治す味方一人
ヒーリングπ眠りを覚ます味方一人
スーパーヒーリング意識が戻る味方一人全員
じげんスリップ戦いの場から脱出する
ブレインショック混乱させる敵一人
ブレインサイクロン混乱させる敵全員
さいみんじゅつ眠らせる敵一人
パラライシス動かなくさせる敵一人
ダークネス闇につつむ敵一人
シールドオフシールド破壊敵一人
オフェンスアップ攻撃力を上げる味方一人
ディフェンスアップα防御力を上げる味方一人
ディフェンスアップβ全員の防御力を上げる味方全員
クイックアップすばやさが増す味方一人
ディフェンスダウンα敵の防御力を下げる敵一人
ディフェンスダウンβ敵全員の防御力を下げる敵全員
サイマグネット敵のPPを引き寄せる・敵一人
サイコブロックPSIを封じる敵一人
パワーシールド攻撃をはねかえす味方一人
サイコシールドαダメージを半減する味方一人
サイコシールドβダメージを半減する味方全員
PKファイアーα炎を投げ入れる敵全員
PKファイアーβ火柱をよびよせる敵全員
PKファイアーγ炎の海がうずを巻く敵全員
PKファイアーΩすべてを灰にしてしまう敵全員
PKフリーズα冷気がほとばしる敵一人
PKフリーズβ荒れ狂う冷気敵一人
PKフリーズγ猛吹雪をよびよせる敵一人
PKフリーズΩ命を凍らせる敵全員
PKビームα火の玉を投げる敵一人
PKビームβ熱光線を突きさす敵一人
PKビームγ体をひき裂く強い光敵一人
PKビームΩ何が起こったかわからない敵全員
PKサンダーα電撃をはしらせる敵一人
PKサンダーβ稲妻が体をつらぬく敵一人
PKサンダーγ天が裂け地が割れる敵全員

BGM

舞台が現代とあってポップスやロックを基調としたBGMが中心。
オープニングとエンディング曲はかなりの名曲。

収録サントラCD

マザー1メドレー〜The Wolrd Of Mother〜

マザー1メドレー〜The Wolrd Of Mother〜

マザー
Amazonの情報を掲載しています

Mother(マザー)裏技

敵と会わなくなる

コントローラー1のBボタンを連打しながら移動すると1歩歩くごとにサブ画面に切り替わり敵の出現率が大幅に下がる。

キャラが替わる

パーティーの仲間で犬を取り囲み柵の外にだす。さらに右に連れて行くと犬が女の子に変身

ゲームレビュー

Motherマザーの舞台はアメリカの田舎町で主人公はそこに住んでいる少年達。

敵はモンスターもいるけど、おじさんとかお兄さんとか普通の人たちってのがちょっと怖い近未来を予感させるという設定でした。

やさしい表現

このゲームの大きな特徴として文章表現がやさしい事があります。
通常のゲームのような、『倒した』『やっつけた』ではなく『うごかなくなった』や『おとなしくなった』という表現になっています。

たとえヒットポイントがゼロになったとしてもそれは『死』ではなく、あくまでも『意識不明』という設定まで徹底されていました。

数少ないドラクエフォロワーの成功例

システム的にはもう完全に当時たくさんあったドラクエのまんまって感じのコマンド選択式のありがちなRPG。

でもあれだけたくさんあったドラクエ風のRPGも結局、大成功したのはこのMotherマザーくらいしかないんじゃないでしょうか。

個性的な設定、秀逸のBGM、そしてあっと驚くあのエンディング。
最後の敵であるギーグとはこちらから攻撃せずに相手の言い分をまず聞く。

「たたかう」じゃなく「うたう」ことで解決する。
うーん深いですね。

Motherの攻略動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました