ギャラガ/FC-シューティング

ギャラガはギャラクシアンの流れをくんだナムコの名作シューティングゲーム。

敵キャラは昆虫をモチーフにしたのが当時は斬新に感じました。
わざと敵のビームでさわわれて合体でボーナスステージに挑むのが定番。

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: ナムコ
  • ジャンル: シューティング
  • 発売日: 1985年 2月15日
  • 品番: NGG-4500
  • 定価: 4,500円

ギャラガのサントラ・BGM

ギャラガの概要

自機であるファイターを操縦して敵の攻撃を避けながら全滅させれば面クリアとなります。

ファイターは、縦方向には遺贈できず横にのみ移動できます。

デュアルファイター

自機をわざと囚われの身にさせて取り返すと合体してデュアルファイターになり、攻撃力が2倍になります。

しかし奪回に失敗すると自機を失ってしまう諸刃の剣でもありました。
しかも面積も2倍となるので敵の弾に当たりやすくもなります・・・

でも当時はこれが画期的で楽しかったのです。

コントローラー操作

十字キー左右(上下は使用しない)
自機の移動
A・Bボタン
ミサイルの発射

チャレンジステージ

チャレンジステージ

チャレンジステージという敵が一切攻撃してこないボーナスステージがあり、2列編成で飛来してくる敵を打ち落とします。

全機打ち落とすとボーナス点がもらえますが、デュアルファイターでないと全て打ち落とすのはかなり難しいです。

ギャラガの裏技

◎ミサイルが大きくなる。
コントローラーのABボタンを同時に押す

名作ソフトレビュー

レトロゲームって懐かしいと思い出すだけでまたやろうとは思わないタイプとたまに引っ張り出してきていまだにプレイするタイプがあると思うんですけどギャラガは典型的な後者ですね。

それだけゲームバランスが良いのでしょうね。
音数が限られた中でのSFっぽさを演出したカッコイイオープニングBGMの後は基本的にBGMなしってシンプルさで敵キャラを打ったピキュ!って音が際立ってよい感じです。

前作ギャラクシアンとの大きな違いはやっぱり合体できるところでしょうか。

全く連射が出来なかった前作に対し、ギャラガでは画面上に3発までミサイルを発射出来る事によってよりスリリングでスピード感のある対戦になっています。

また敵機が編成を組んで攻撃を仕掛けてくる場面も当時は新鮮味がありました。

posted with カエレバ

ギャラガの動画


PAGE TOP