いっき/FC-クソゲー

農民の一揆(いっき)をテーマにしたゲームと言うこと自体、異色中の異色アクションゲームでありファミコン歴史上に残る名作クソゲー。

たった二人で悪代官を倒すのが最終目的でした。

その操作性の悪さと難易度は伝説的かも知れません。

全4面なのですぐに飽きること受けあいですが、現在でも愛され続けるクソゲーです。

いっき

  • ハード: ファミリーコンピューター
  • メーカー: サン電子
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 1985年11月27日
  • 品番: SS3-4900
  • 定価: 4,900円

ゲーム概要

主人公である『権べ』と『田吾』と操り、悪代官の手下の忍者と戦いながらステージ中の小判を8枚拾うとステージクリアとなります。

田園地帯から、お墓・池、代官屋敷の塀、そして屋敷の内部への全4面構成。
代官はつかまえると1面クリアしてボーナスが得られます。

以降は無限ループ。

武器

敵を倒すだめの武器は、基本的に草刈りのカマだけですが、道中にある竹ヤリ、大根、葉っぱなどを拾うと、『権べ』と『田吾』がパワーアップします。(パワーダウン?)

アイテム一覧

竹やり:一定時間上部を攻撃できるが横からの攻撃に弱い。
大根:足が速くなる。
巻物:1UP
煙:ステージクリア後にボーナスステージに行ける。
葉っぱ:一定時間分身して敵の攻撃を受けない。

注意点

『権べ』と『田吾』は、家や塀などにはさまれると、しばらく消えてしまいます。

また、腰元や妖怪につかまると、しばらく動けなかったり、カマが投げられなくなります。

いっきの裏技

無敵

3面の塀の角で左を押しながら鎌を投げ続ける。

敵にやられたBGMを消す

敵にやられた後にスタートボタンを押してポーズをかける。
再びスタートボタンを押してポーズ解除する。

ゲームレビュー

いっきは、アーケード版を結構やっていてかなりお気に入りのゲームでした。

こちらがアーケード版です。

しかしファミコン版の移植はアーケード版の良さが出せずに失敗しているように思えます。

アーケード版の右下に表示されていたラリーX風のマップには小判の位置が分かるレーダーがあって便利だったし、計画も立てやすかった。

っていうかそれがこのゲームの一番の醍醐味だったはずなのにファミコン版では無くなってしまいました。

さらにサクサク進む爽快感もファミコン版ではカクカクとぎこちなく感じます。

その操作性の悪さと全体的な訳のわからなさがクソゲー界を代表するソフトとなりました。

まあこのゲームにはツッコミどころが満載ですがね。

だいたいなんでたった二人で一揆なんだとか、
なんでアイテムの竹やりを取ると逆に弱くなったりするのかとか、なんで畑で忍者と戦うんだとか、突っ込みどころ満載なところがかえってすばらしく感じます

でもゲームのアイディアとしては良いと思うんですよねー
8方向好きな場所に移動できるのは当時のゲームとしては新鮮でしたから。

posted with カエレバ

いっきの動画

いっき おんらいん(PS3用)