クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児 バンダイ+キャラゲーという事は?【SFC】

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児は、臼井儀人原作の人気アニメ、クレヨンしんちゃん初のテレビゲーム。

どう考えても低年齢層向けのはずなのに難易度が?

機種スーパーファミコン
メーカーバンダイ
ジャンルアクション
発売日1993年7月30日
価格9,500円
容量12MB
スポンサーリンク

ゲーム概要

原作のクレヨンしんちゃんと同様に春日部の住宅街が舞台の横スクロールアクションゲーム。

しんちゃんはライフ制、4ステージで20エリア構成。

各エリア内に隠されている特殊アイテムカードを探し出せばクリア。

コントローラー操作

十字ボタン移動(左右二回速押しでダッシュ)
Aボタン物を投げる
Bボタンうつ伏せ
Xボタンジャンプ
Yボタンでんぐり返り
LRボタンアイテムカード選択
セレクトボタンゲームモード選択
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

BGM

オープニングテーマは、B.B.クイーンズ楽曲のカラオケ。

ゲーム中のBGMも原作のイメージどおりの軽快で楽しい曲が揃っています。

ゲームレビュー

電源を入れて始まるのがアニメにもありそうなサンプリングボイスによるこのセリフのやり取り。

みさえ<br>
みさえ

しんのすけーちょっと来てー

しんちゃん
しんちゃん

行けなーい

当時はこれだけでおーすごい!さすがスーパーファミコンって印象だったのでしょう。

ファミコンでは絶対に不可能な簡易アニメーションと声優によるサンプリングボイス。
これだけでターゲットのちびっ子達は大喜びだったのかも知れません。

しかし、アニメが原作のソフトを発売しているメーカーはバンダイ、ハードがファミコンからスーファミになっても何だか少し嫌な予感もします。

ゲームスタートすると町中にワラワラと現れる子供たち。
彼らに触れただけでしんちゃんはダメージを受けライフが減ってしまいます。

どうやらお友達と遊んで最終的には疲れて寝てしまうという設定のようですが、少々無理があるように思えます。

さらに「風間くん」「マサオくん」「ボーちゃん」「ネネちゃん」などのお馴染みのキャラたちが、なぜか敵キャラとして登場する事にかなりの違和感があります。

低年齢層向けゲームの為かこれといった攻撃方法ななく、ダメージを受けない為には基本ジャンプでかわすしかありません。

評価できる点

サンプリングボイスが、しんちゃんを中心にかなり使われており原作のファンには嬉しいのではないでしょうか。

キャラクターが大きくて見やすいのも良いです。

マイナスな点

キャラクターの動きが遅くてモッサリしていて操作しにくいです。

アイテムとして街中にあるカードの使い道がイマイチ良くわからないのとステージクリアに必須のミニゲームびアクション仮面の旗揚げゲーム、園長先生の16ピースパズル等がやたらと難しい上に失敗すると残機が1つ減ってしまう鬼畜仕様。

あと、セーブができないのにパスワード再開もないのもかなりキツイ。

まとめ

操作性が悪くミニゲームが子供にはかなり難しく、大人には単純な内容なので途中で飽きてしまう。
一体誰の為のゲームなんだ?って感じがします。

クレヨンしんちゃんのファンの低年齢層向けならもう少し難易度を下げるべきだったように思えます。

アニメと同じ声が聞こえるのは楽しいけど「風間くん」たちが仲間になって目的を達成する内容だったら良かったかなー?。

結局、ハードがスーファミになってもファミコン時代からあったバンダイ+キャラゲー=クソゲーというイメージを払拭できず終わってしまったソフトでした。

独断評価チャート

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児の評価チャート
created by Rinker
BANDAI
¥4,550(2022/10/03 06:32:04時点 Amazon調べ-詳細)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ園児攻略動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました