ワイルドトラックス【SFC】スーファミの限界に挑んだレースゲーム

レース

スーパーファミコン末期に任天堂から発売されたプレステを意識したポリゴン風3Dレースゲーム。
確かにこの当時の技術ではすごかった。

機種スーパーファミコン
メーカー任天堂
ジャンルカーレース
発売日1994年6月04日
価格9,800円
容量8MB
スポンサーリンク

ゲーム概要

スターフォックススーパーに続いて、より豊富な画像表現を実現する為に開発されたスーパーファミコン専用のマイクロ・コンピュータFXチップ搭載ソフト第二弾。
3Dレースゲームとしては任天堂初のヘッドライトが目玉になっている擬人化した車で競うカーレースゲーム。

バッテリーバックアップ機能搭載。

Wild Trax (Promo VHS) ワイルドトラックス
十字ボタン
上下
左右

バランス
ハンドル
Aボタンブレーキ、押し続けでバック
Bボタンアクセル
Xボタンジャンプ
Yボタンブースト
Lボタン
Rボタン
大ハンドル(左)
大ハンドル(右)
セレクトボタンビューチェンジ(近い・遠い・運転席)
スタートボタン ゲームの開始、ゲームの一時中断・解除

ゲームモード

SPEED TRAX

計4台の車でレースし、制限時間内に1位を目指すモード。3つのCLASSが用意されている。

STUNT TRAX

コースの中に散らばったスターを集め、いかに早くゴールするかを競うモード。

BATTLE TRAX

画面を上下2分割した2人対戦モード。負けている方の車は早くブーストが回復するようになっている。

FREE TRAX

競争相手がいない1人で走る練習モード。コースはSPPED TRAXと同様のものを選択可能。

車種と特徴

車種特徴
4WDグリップ力◎、強度◎ステアリング△。
Fタイプグリップ力〇、強度△、ステアリング◎
クーペ4WDとFタイプの中間の性能
2WDフリートラックスだけで使える2輪車
トレーラーボーナスゲームだけで使える大型車

BGM

任天堂らしく遊び心があり、凝ったアレンジのBGMです。
ラテン風あり、ジャズ風あり、競馬レース風ありとバリエーションも豊富ですね。

[SFC]ワイルドトラックス(Stunt Race FX)BGM集

ゲームレビュー

ワイルドトラックスが発売されたのは、初代プレステが発売される直前の1994年6月。
スーパーファミコンに一時の勢いがなくなり、ハードとしての限界説が流れる中、発売されました。

次世代ハードに対抗するべくポリゴンもどきを作りだすFXチップを搭載。
マリオカートまでの疑似3Dレースゲームではなくスーファミの回転、拡大縮小機能を使って任天堂が本気で3Dに挑んだレースゲームでした。

評価できる点

FXチップによって疑似的に作られた立体映像は、現在の視点からみれば当然ショボイ訳ですが、3D表現が無理と言われたスーファミで見ようによってはプレステ並みのポリゴンっぽい仕上がりになっています。
当時の次世代機には負けられない!という任天堂の意気込みは相当なものだったのでしょう。

マイナスな点

当時としては頑張っていても現在ではカクカクしたグラフィックとスーファミの限界を超えた表現による重さから操作性がやや犠牲になり、もっさり感があります。

ワイルドトラックス攻略動画

【SFC】『ワイルドトラックス』 3クラス1stクリア(字幕入り)

独断評価チャート

ワイルドトラックスの評価チャート

まとめ

操作性がイマイチでスピード感というのはあまりありませんが、スーファミの限界に挑んだ意欲的なレースゲームです。

翌年にプレステでリッジレーサー、さらにグランツーリスモ等の本格的3Dレースゲームが発売された事になり、その役割を終えた感があります。

リアル路線ではなくデフォルメの擬人化した車なので、そういった意味ではまだ遊ぶ価値はあるのかも?

2020年代に入ってからはswitchオンラインでもプレイ可能です。

created by Rinker
任天堂
¥6,600 (2024/06/15 00:06:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました